めがねうさぎのうみぼうずがでる!! めがねうさぎのうみぼうずがでる!! めがねうさぎのうみぼうずがでる!!の試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なつがきて、うさこは海水浴にでかけます。どうにかして、うさこをおどかしたいおばけは、うみぼうずになることにしましたが・・・。

英日CD付 英語絵本 かぶ The Turnip」 みんなの声

英日CD付 英語絵本 かぶ The Turnip 再話:斎藤 君子
絵:小野 かおる
英語訳:サラ・アン・ニシエ
出版社:ラボ教育センター ラボ教育センターの特集ページがあります!
本体価格:\2,500+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784898110201
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,834
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かぶ

    娘が大きなかぶが好きなのでこの絵本を選びました。いつもの株と違うので少し戸惑っていましたが登場人物が共通しているので安心して様子で聞くことが出来ました。蕪の色が独特なので是非どんな味なのか食べてみたくなりました。家族仲が良いのが羨ましいと思いました。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 繰り返しが自然と反復学習に

    たしか2歳頃、ラボに体験レッスンに行った事があります。
    近所のお友達と行った事もあり
    楽しく英語に触れることが出来ました。
    その時参加型で寸劇のようにして
    CDを聞きながら演じたのが『おおきなかぶ』でした。

    なので英語に少し抵抗感のあるうちの子でも
    読ませてもらえました。
    日本語と英語が並列になっていて
    英語の意味が分からなくても対になっている日本語から
    意味が分かるのがいいですね。
    それにこのお話は繰り返しが多いことも特徴のひとつです。
    自然と反復学習になります。
    あと、かぶを引っこ抜く時の掛け声や
    一緒に引っこ抜く真似をすると
    臨場感やおもしろさもアップします。

    英語学習の定番のひとつですね。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    2
  •  「おおきなかぶ」として定番のお話です。小野かおるさんの挿絵で、柔らかくて、やさしい感じです。かぶが、オレンジ色なのは、ロシアのかぶだからでしょうか?
     かぶを引っ張るときの掛け声に合わせて、子供は自然に体が動いてしまうようです。お話を通じて、みんなで力を合わせて事を成し遂げるという達成感を感じてほしいです。
     最後に一番小さいねずみが加わり、かぶが抜ける、というところが、深いなあと、思います。最後のページでネズミが自慢げにかぶに手をついているのが、心憎いですね。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 単純だからこそ学んで忘れられないものに

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    小学生の英語教室に使うには、シンプルすぎるかな、と正直思っていた一冊。
    気が変わったのは、ある日、一年生の娘が教科書の「大きなかぶ」を毎晩音読宿題をしていたのを聞いていた2歳の息子の反応。
    「うんとこしょどっこいしょ」が随分お気に入りで、私が、息子の要望どおり動こうとしない時、ある日「うんとこしょ、どっこいちょ、ソデデモままはデキません」
    渾身の力をこめ、私の腕を引き抜かんばかり。
    舌ったらずのことばで一生懸命真似しているのは、まぎれもなく大きなカブ。
    私は、カブか!!!
    動きそのものがシンプルなだけに、子供心にはかえって色んなものに応用できると発見。
    息子を見ていた長女も、そばにあったもの(ぬいぐるみ)を手当たり次第にもち立ては、「○○が××をひっぱって」と、ぐんぐん展開していきます。
    子どもにとって、次々何かが加わって、ついには何かが起きる、という展開そのものが、とっても面白いのだと気づき、英語でもいいかも!と思ったのです。
    BGMが、緊迫感があって、とても盛り上げてくれるので、絵本だけよりCDもあるのがいいですね。
    一年生でも、ニンジンやジャガイモは知っていても、turnipは案外知らないので、今ちょうどカブの季節だし、絵本を通じて覚えればゼッタイ忘れない単語にもなります。
    pullもバッチリ覚えられるし、何より寸劇でするならば、知っている動物など英語で次々言って見るのも盛り上がっていいですよね。
    今年の英語教室のクリスマス劇には、「おおきなかぶ」もありかな、と考え中です。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもたちが大好き!劇遊びにもピッタリ!

    日本語でもよく知られているお話なので、子供たちも安心して聞いていられます。CDには、英語と日本語で交互に読まれるものと、英語のみの朗読とが入っているので使いやすいと思います。
    だんだんと、引っ張る人が増えていくワクワク感と、いつ抜けるんだろうというドキドキ感が、このお話の魅力だと思いますが、朗読が英語、日本語とも、素晴らしくお話の世界に引き込まれます。
    子どもたちと一緒に、劇遊びもしてみましたが、みんな本当に楽しそうに演じてくれました。いろんな役がいて、セリフも簡単なので、何度も交代して飽きずに演じられます。お勧めの一冊です。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い出しました・・・

    • みつばぁばさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    娘が幼稚園の頃、お遊戯会で[おおきなかぶ]のネコさんの役をしたのを思い出しました。
    「かぶを引っ張るおじいさん♪」
    「それを引っ張るおばあさん♪」
    「よいしょ・よいしょ・よいしょ♪」
    今は、英語の学習に役立てています。
    日本語と英語の両方でよみきかせてくれているので
    わかりやすいですね。
    なじみのあるお話で楽しく学べるのがGood!ですね。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな言語で読んでみよう

     子どもに1番最初に読んだ「おおきなかぶ」のお話は、「こどものとも」傑作集の本でした。
     そのとき、パパが、原文のロシア語に近い母国語で、この絵本を読んでくれて、
    「わあ、なんて楽しいんだろう」と感激し、「じゃあ、英語では
    どう訳されているのかな?」と知りたくなって、ラボの絵本を購入しました。

     かぶを抜くときの掛け声は、どの言葉で聞いても、本当に楽しいですね。
    このCDは、まだ言葉を話し始める前の赤ちゃんでも、十分楽しめると思います。

     小野かおるさんの絵本は、日本の昔話でしか読んだことがなかったのですが、
    ロシアのお話にもぴったり合っていて、違った魅力を楽しむことができました。
     福音館の「おおきなかぶ」で育った子どもたちにも、手にとってみてほしい1冊です。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • イギリスの子たちとラボっ子たち

     おなじみの「おおきなかぶ」ですが、見なれた絵とちがうので新鮮でした。
     繰り返しのリズム感は、英語でも日本語でもおもしろいなと思いました。「うんしょ」の場面は、読んでいるこちらも力がはいってしまいます。
     かぶが抜けたのは、自分のおかげだ、といわんばかりのネズミ君の表情がほほえましいです。
     
     吹き込みの「イギリスの子どもたち」と「ラボっ子たちの」の声がほんとうにかわいくておもしろかったです。
     BGMの音も、おはなしにぴったり合っていました。かぶが抜けたときの音に、聴いている私の力もぬけたような気がしました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい!

    • ももんままさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子8歳、女の子3歳

    お兄ちゃんたちも、小さい頃大好きで、何回も読みました。子どもは、繰り返し、が大好きですよね。最後に、ポンって、カブが抜けて、気持ちもすっきりするのかも。3歳の娘も、今、はまってます。小学校に入ると、教材として使われるので、小さい頃に出会うのはいいかも。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / バムとケロのさむいあさ / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが / バムとケロのもりのこや / わたしはあかねこ / パンダ銭湯 / ヤマネコ毛布

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット