ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

フレディ3 ハムスター救出大作戦」 みんなの声

フレディ3 ハムスター救出大作戦 作:ディートロフ・ライヒェ
絵:しまだ・しほ
訳:佐々木 田鶴子
出版社:旺文社
本体価格:\1,238+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784010695593
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「フレディ3 ハムスター救出大作戦」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フレディの秘密が

    フレディの第3巻です。フレディの能力の秘密が、少しずつ、みんなに知られていく巻です。今回は、自動車工場を建てようとした土地に住む野生のハムスターを救う話でした。最初に2巻に比べて、正直なところ、ハラハラ感とかがあまりありませんでしたが、作者のライヒェさんは、きっとここにでてくる動物愛護団体の人のように、動物に対する気持ちがあるのではないかな?と感じる話でした。相変わらず、さっと読める話なので、小学校中学年から大人の方にお勧めです。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野生のハムスターがいる森

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    上の子が大好きなシリーズの第3巻です。
    主人公は、人間の言葉を理解して、パソコンを使って会話まで出来ちゃう、スーパー・ハムスターです。
    今回は、フレディが外から助けを求める声を聞きつけ、飼い主のマスター・ジョンや、知り合いの雑誌記者リーザと共に、野生のハムスターたちのために奮闘する話。

    娘は1日で読み切って「あぁ、面白かった」といってました。
    この作品の面白いところは、ハムスターでなくてはできないこと。
    また、ハムスターにはできないことだけど、他の動物の手を借りたり、人間の手を借りたりすればできること。を、上手に使って、
    物語の世界を広げてくれているところです。

    今回も、フレディの仲間・自称役者のモルモット「エリンコとカールソー」は、自作自演のミュージカルを要所要所で見せてくれます。
    私は、このモルモットたちのシーンはあまり好きじゃないんですが、
    子どもは好きで、この2匹が面白いんだよ!といってます。

    3巻目にしてやっと、フレディは大好きなゾフィー(最初の飼い主の女の子)に、自分が「人間の言葉を理解して、会話をすることも出る」と打ち明けます。

    このゾフィーがだいたい10歳くらいなので、お薦めは小学校中学年くらいから、特に動物の好きなお子さんに読んでほしいなぁ。
    行間や字のバランスなども、とても読みやすく作られています。

    掲載日:2010/05/09

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット