あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

点子ちゃん」 みんなの声

点子ちゃん 作:野田 道子
絵:太田朋
出版社:毎日新聞社
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784620200262
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,734
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 全盲の転校生

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    全盲の女の子が一平のクラスに転校してきます。
    この点子ちゃんはできた子ですね。妖精のような外見に加え、卑屈だったりくよくよしたところもなく、明るくやさしくいつも笑顔で、本もたくさん読んでいて、相談にものってくれるし、付き合いやすいと思います。
    クラスで人気者になるのも分かります。それに嫉妬してしまう子がいるのも。
    一平くんは点子ちゃんに恋しちゃってるのでは。
    分かりやすいお話で読みやすかったです。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 盲目の少女

    短編のように短いお話が詰め合わせてあるので、読みやすいです。

    普段、障害を持つ子との触れ合いが少ない児童には良い疑似体験になるだろうと感じました。読書感想文の課題図書になったことがありましたが、読み物としてはサラッと読めていいんですが、感想を書くとなると、ちょっと書きにくいかなーと思います。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視野を広げる

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    盲目の少女のお話は、身近にそういった体の不自由な人がいない娘にとって、別の世界を知る良い機会となりました。丁度小学校の総合の授業で体の不自由な人たちの暮らしについて学ぶ機会もあり、点字などにもとても興味を持つようになりました。点字の本でも、すらすると読み、物怖じすることなく、なんでもこなす点子ちゃんの姿に、なんでも臆することなく、チャレンジすることへの勇気を教えられます。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 異色です

    少年を目を通した、盲目の少女が描かれています。目が見えないだけでなく、アメリカから転校してきたってことや色白で妖精のようっていう外見も、点子ちゃんを謎めいた感じにしています。目が見えないってどんなことなんだろうって、改めて考えることができそうな本で、目が見えない人に対する偏見がなくなりそう。最後に点字が紹介してありますが、ただの印刷で、凹凸がないのが残念。せっかくだから、凹凸のある本物の点字を紹介してほしかった。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2010年の課題図書。

    今年の課題図書で、息子が夏休みの感想文を書くために読みました。
    私自身が障害者であることもあって、視力障害者ではないけれど、障害があっても自分の力で努力していく事で開けていくという事を子どもたちに学んでいって欲しいと思いました。
    又、障害があるからと何でも手助けが必要か?というとそういうわけでもないということも一般の健常者に知ってもらえる良い本です。

    障害を障害と思わず、自分の境遇を受け入れること。

    文で書くと簡単なように思いますが、実際は非常に難しいことです。

    この主人公の点子ちゃんが、アメリカという日本よりも福祉が進んだ国にいた事も大きな要因なのかもしれないですが、大人が読むと逆に日本の福祉制度の遅れと言うよりも、日本人の偏見の強さがとても大きいものであると感じてしまいました。

    息子にはそういった深いメッセージ性はまだ伝わっていないと思います。

    成長課程の節目節目で読んでもらいたい作品です。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小2、えらく感動!

    あらすじに惹かれ私が読んでいると、娘が一人で読んでえらく感動した作品。
    私としては前半は読みづらく、後半はなんでそうなる?と、何の感銘も受けずでしたが、娘は泣きそうになりながら何度も「点子ちゃんがお母さんに会えてよかった」と言っていました。
    課題図書の学年からははずれていますが、これで感想を書きたいとのことでした。

    なんだか自分にお母さんがいなかったら、とか考えて読んだようです。
    普段からそんなことを考えるようなので、シミュレーションしながら深く入り込んだのでしょう。とにかくこの夏いちばんの本でした。

    私と娘の間をとって、☆4つ。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 点字の大切さの本

    この作品は、新聞会社の毎日新聞社が刊行した本の一つです。

    また、毎日新聞社には、点字毎日という点字の新聞があります。その90年の歴史を持つ新聞会社から未来の大人たちへのメッセージの本でもあります。

    内容は、点字に関する物語の本です。

    小学校に通う上野一平は、とある日、転校生がくることになりました。名前は、泉川カレン。視覚障害者の女の子です。

    カレンちゃんのあだ名は、点子ちゃん。点字を読んでいるからそう呼ばれたそうです。ちなみに、一平くんのあだ名は、お水です。

    そして、点子ちゃん(カレン)とお水(一平)の二人の物語が始まります。

    この作品を読んで、今までに気付かなかった、視覚障害者の人の事を考える機会になりました。この作品を読んで、点字のことを学べてとても良かったと思います。身の回りにも色々な点字があることを気づいて、視覚障害者の事について、再発見しました。

    点字についての作品を読んでとてもいい勉強になりました。

    ぜひ、読んでみて下さい。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 点字の世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    2010年読書感想文コンクール小学校低学年課題図書。
    題名から不思議な印象を受けます。
    目次を見るともっとびっくり。
    細かい章立て。
    どうも連載小説だったようですね。
    一平の独白のような文章で展開していきます。
    ある日一平のクラスに転校生がやってくるのですが、
    妖精のような存在感のその女の子、アメリカの日本人学校から来たといいます。
    しかも全盲で、点字本を読むので「点子ちゃん」というニックネームだとか。
    彼女が来たことで起こる、様々なクラスメートの反応が、
    子どもたちには共感してもらえそうですね。
    そして、ユニークな彼女の家族、そして、家庭事情。
    傍目にはかなりドラマチックなのですが、
    点子ちゃんのさっぱりした性格が、カラッと明快に語ってくれて、
    すんなりと理解できます。
    もちろん、そんな点子ちゃんの心の揺らぎもしっかり描かれます。
    また、一平くんの、4年生らしい男の子としての微妙な心情も共感できます。
    幽霊のエピソードも印象的です。
    点字というと少し構えてしまいがちですが、
    この作品では脇役として良い存在感です。
    なんとなく、点字と友だちになれそうな気がしてきました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 点字がみじかに

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    妖精のような転校生の点子ちゃんは、目が不自由ですがとても前向きな女の子です。

    クラスメートがそれぞれ、点子ちゃんに色々な感情をもって接します。
    その中に自分に重ねられる子がいそうです。

    課題図書になっているだけあって、作者からのメッセージも感じられます。
    しかし、押し付けがまくなくあらゆる人の立場になって読むことで、感じる事が多いのではないでしょうか。

    健気だけど、現代っ子の点子ちゃんの強さが心地よかったです。
    最後はさよならだったけど、点子ちゃんのこれからの幸せを祈りたくなります。
    読み終わってすっきりとしたさわかな気持ちになりました。
    挿絵やページカウントに点字が使われていて、絵のおはなしにぴったりです。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット