しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻」 みんなの声

もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻 作・絵:西村 敏雄
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784033432106
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,462
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもたちが楽しく学べるオノマトペ

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    擬音語や擬態語をあらわす「オノマトペ」。

    そもそも、なぜ擬音語や擬態語を「オノマトペ」と呼ぶのか不思議ですよね。調べてみると、なんと英語でした。擬声語を意味する onomatopoeia(オノマトペア、オノマトピア)の訳語だったんですね。
    英語を話す外国人が「オー マイ ゴッド オノマトペ」「イエス イエス オノマトペ」なんていう会話をしていたら、ちょっとおもしろいですね。

    『もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻』には、耳慣れたオノマトペがたくさん解説されています。

    例えば、「ぱんぱん」なら、右側のページに「おいしいパンを たべすぎて おなかがぱんぱんだ」という例文が書かれ、その左下に小さな文字で「はれつしたら音がしそうなくらい、ふくれあがったようす。」と「ぱんぱん」の意味を解説しています。
    そして左側のページには、例文にあわせた絵が描かれていて、その絵の下に「パンやで パンダが パンたべた」と絵のタイトル?が書かれています。その絵とタイトルは、かなりベタなダジャレとナンセンスなものですが、個人的には、もっとおやじギャクを爆発させても良かったのではと少々物足りなさが残ります。

    読んでるだけで楽しくなるこの絵本は、子どもたちが「オノマトペ」を最初に学ぶのには、最適な一冊です。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • オノマトペって、こういう言葉なんだよ〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    「オノマトペ」が好きなので、気になって図書館で借りてきました。
    最初にこの本を手にしたこどもたちにでしょうか。
    オノマトペって、こういう言葉なんだよ〜みたいなことがちょっと書いてあります。

    「言葉自体に意味がなくても、ものの様子や音を表した言葉をオノマトペというよ」

    案内人の“もじもじさん”(おじさん?)がかわいいです。
    よく使っている言葉、え?これってオノマトペだったの?と、改めて知る言葉など、楽しいイラストと簡単な解説文と一緒に載っています。
    ちなみに「ぴったり」とか「すっぽり」って、オノマトペだったんですね〜。私、この本に載っていたので、初めてそうだったんたぁと気づきました。

    1つ1つ、とても面白いのですが、読み聞かせなどで全部読んでいると時間が無くなりそうなので、ブックトークなどで紹介して子どもたちに読んでもらえたらいいなぁと、思っています。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なオノマトペ

    オノマトペというと、コミックやらギャグやら、回りに溢れる意味不明の感情語だと言う、ジェネレーションギャップを感じさせることばたちだと思っていたのですが、意外と身近な日常的用語にもいっぱいあったのですね。
    オノマトペを見直すにも入門にも良い本だと思います。
    とぼけた西村さんの絵がいい味を出しています。
    低学年から良さげですが、低学年のことばから「めろめろ」なんてことばが出てきたら、ちょっと恐いですね。
    感性に関わるオノマトペの学習は、子どもの成長に任せましょう。

    掲載日:2013/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • オノマトペがたくさん

    大人になってしまった今となっては、あまりに当たり前
    過ぎて、特に考えることもなく使っていたオノマトペ。
    こうして並べてみると、たくさんたくさんあったのですね。
    そうして、いろいろな言葉を獲得していく過程にある
    小さな子どもや、日本語を勉強している外国人にとっては
    このオノマトペってものすごく不思議だろうなあって
    思いました。
    普段おそらく使いまくっているオノマトペですが、しかし
    ずらずら(オノマトペ!)書かれているのを見ると、自分では
    ほとんど使わない言葉もありました。
    「のこのこ」「うらうら」などは使わないなあ。
    音の響きが楽しいオノマトペ。娘も聴くことを楽しんでいました。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵と雰囲気で楽しめました!

    5歳ではまだわからないのでは?と思いましたが、
    それなりに楽しめました。

    絵と、だじゃれ風の言葉にニヤニヤ。
    子供って、ダメなヤツが出てくる本は好きですよね〜。

    オノマトペ自体の理解はできていないようですが、
    説明は熱心に聞いていました。
    それに、絵と雰囲気で、もじもじさんたちが「ちょっとダメなヤツ」って
    感じ取れたようで、それなりに楽しんでくれました。

    何度も耳で聞いて、体でおぼえるのがオノマトペだと思うので、
    その1回としては面白いと思います。

    ただ、5歳児にはちょっと長い。
    やはり、小学校低学年にオススメされているだけあって、
    ちょっと早かったな、という感じがしました。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お勧め!!

    擬音語や擬態語をあらわす「オノマトペ」

    ことば自体に意味はなくても、ものの様子や音をあらわした言葉。

    すくすく・しんしん・さんさん・・・がそうです。

    最近、テレビでも「オノマトペ」よく耳にしますね。

    この本は、短い例文があって、しっかりと説明されているので
    楽しみながら学べます。

    1年生の息子も、面白いと毎日読んでいます。

    お勧めの1冊です!!

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語のすばらしいオノマトペですが

    3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。日本語のすばらしいところに、たくさんの擬態語や擬音語(オノマトペ)があること、がありますが、そのすばらしさを教えるには3歳では少々早かったみたいです。でも、個人的にはこの本を通して、いろいろなオノマトペがあること、その使い分けや意味などが分かるし、改めて教えられる事があるので、もう少し大きくなったら読んでやりたいと思いました。

    日常何気なく使っている様々なオノマトペですが、まだ3歳児相手にはその数は少ないんだな、と思いました。子どもに言葉を教えるとき、擬音語(ブーブー、ちゅるちゅるなど)から教えていくのですが、この本で取り扱っているのは擬態語(するする、てくてくなど)が多く、まだその感覚は分からないのです。でも、このオノマトペの多さ、そしていまだにどんどん作られていくものだけに、その豊かな感覚を育てて欲しいとおもうので、大きくなったら読んでやり、その使い方などを覚えて豊かな日本語を身につけて欲しいと思いました。

    掲載日:2011/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉と絵で遊んでいます!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    純粋に、おもしろい!です

    「全ページ立ち読み」で読ませていただきました

    西村さんの昭和的な絵と
    おやじギャグのような感覚で
    言葉のおもしろさが倍増しています

    オノマトペ事態も
    考えてみれば
    不思議な言葉です

    生活に密着しているからこそ
    的確に使われているとは思いますが
    改めて、絵本にしたもらうと
    これまたおもしろいもんですねぇ

    「劇場」という仕立て?も
    なかなか
    繋がりがないようで、あるようで

    これでもか、これでもか と
    溢れてくる感じで楽しめます

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット