ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

フレディ4 ハムスターとゆうれいの大決戦」 みんなの声

フレディ4 ハムスターとゆうれいの大決戦 作:ディートロフ・ライヒェ
絵:しまだ・しほ
訳:佐々木 田鶴子
出版社:旺文社
本体価格:\1,238+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784010695685
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「フレディ4 ハムスターとゆうれいの大決戦」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズでいちばん、面白かった!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    上の子が大好きなスーパー・ハムスター「フレディ」が活躍するドイツの人気(?)児童書第4巻です!
    私は全部読んでみて、この巻が一番面白かった!!
    (子どもは、どれもいいといっていますが…)

    この4巻目で、フレディはすっかり有名なハムスター作家として、世間に公表しています。
    しかもフレディが出会った事件などを本にして出版したため、読者のある伯爵夫人からお城へ招待されちゃったりします。
    これがきっかけで、フレディたちはある幽霊と対決することになります。
    この本は冬によるより、夏、もしくは暑い時期に読むほうがお薦めかも〜。涼しくなりますよ(*^^*)

    この話にはゾフィー(フレディの最初の飼い主の女の子)の代わりに、お城の伯爵夫人の親戚の女の子レーナが、フレディーを助け、活躍します。

    全編ワクワクドキドキ!
    そこに、モルモット「エリンコとカールソー」のおちゃらけ喜劇がCMのようにとろこどころ入り、気分を良くも悪くも和ませてくれます。

    小学校の中学年くらいからお薦めします。
    テンポも文章も、とっても読みやすいですよ。

    掲載日:2010/05/16

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット