庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おっとっと」 みんなの声

おっとっと 作:木坂 涼
絵:高畠純
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784061324275
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,015
みんなの声 総数 14
「おっとっと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いぬのとうさん、大好き♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    も〜っ、笑った笑った
    いぬのとうさん おもしろ過ぎです!

    「おっとっと」のリズムがいいのです
    で、合間に「そのころ」別の誰かさんが・・・
    これでまた、笑えて

    表紙を開いての
    カメラが斜めっているのが
    ちゃんと、カバーの裏に写真として載っていたり

    本を閉じても
    また、いぬのとうさんおっとっとしてる〜
    それがまたやさしいの

    コラージュも楽しいです

    ほしいなぁ・・・(^^ゞ

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズム感がある

    だじゃれシリーズでおなじみの高畠純さんのイラストが
    いい味を出しています。
    すべての文が『おっとっと』で終わっているので
    韻を踏んでいるというのかリズム感があって心地よいです。
    歌でも歌っているような気分になります。
    読んでいるうちに癖になってきます。
    何かオチがあるのかと期待していたら同じ繰り返しで終わってしまったので
    「あれ?」というカンジもありましたが
    子どもは日常生活でもおっとっとを真似して楽しんでいます。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愉快

    とっても楽しい内容の絵本です☆
    繰り返し言葉もふんだんに入っているので小さい子から楽しめ、親子で「わっはっは〜♪」と笑える愉快な絵本です。
    親子揃ってお気に入りの1冊です。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉のリズム感

    「おっとっと」というタイトル通り、おっとっとなシーンが満載です。
    最初から最後まで、言葉のリズムにこだわって書かれていて、内容もユーモアがあるので楽しんで見ることができます。
    絵本の画面が横から縦になる場面もあり、その広がりを楽しむこともできると思います。
    くすっと笑える、面白い絵本だと思います。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • まずは表紙絵を見て笑ってください

     最近、木坂先生の詩「夏休み」を6年生のお話会で読みました。

     この作品も、たくさんの“おっとっと”の場面が、テンポよくこれでもかこれでもか〜と出てきます。
     読んで楽しく、ユーモアたっぷりの高畠先生の絵を見て笑える素敵な作品です。
     小さいお子さんもきっと夢中になれると思います。
     亀さんにもペンギンさんにも笑いましたが、主婦の私としては、よそのうちでは電球の付け替えは、お父さんの仕事なんだと知りました。
     息子にも薦めて見ましたら、むしさんのページが可愛いと言っていました。
     まずは表紙絵を見て笑ってください。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • お父さん頑張れ!!

    テンポの良さとリズム感がサイコーです。
    お父さんが危なげに頑張っているところには、思わず応援したくなりましたが、よく見ると大変ながらも、お父さんは全部クリア。
    あいまあいまに、いろんな「おっとっと」が表れますが、「お父さんだけじゃないのよ 」と援護しているようでした。
    読み聞かせにピッタリの絵本です。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬のお父さんのお弁当が何気に美味しそうです。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    犬のお父さんの抱えている書類が何ケ国語もあり仕事が出来る感を窺わせます。細かい所まで楽しめる本ですが、特別ストーリー性はなく、言葉遊びの本ですね。電球変えたり風呂入ったり、犬の暮らしも人間の暮らしも大して変わりませんね!

    掲載日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • とうさん、がんばれー

    「いぬの とうさん おっとっと」
    この繰り返しなのですが、本当に面白いのです。
    もう、このフレーズを読むと「次は、どんなことがおこるのだろう」とワクワクしちゃいましたよ。
    合間の、他のキャラクター達も良かったです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルで楽しい

    いぬのお父さんの「おっとっと」な一日が描かれています。「おっとっと」という文章がたくさん出てきて、リズミカルで読んでるだけで楽しいです。それにしても「おっとっと」な場面っていろいろあるもんですね。6歳長女は「おっとっとありすぎやね」と言っていました。長女はいぬのとうさんが書類を持った場面で書類の中に同じ文章見つけていました。読んだ人は見てみてくださいね。得意げな長女でした。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい、これ!

    とってもおもしろくて、何度も笑い、何度も読みました。

    いろんな「おっとっと」という場面に遭遇することが

    できます。

    絵本をめくったその時から「おっとっと」という場面が

    始まっています。

    ご丁寧に裏表紙までその「おっとっと」が続きます。

    とにかく読んでほしい。そしたらこの楽しさが分かる!

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット