すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おたすけ妖怪ねこまんさ」 みんなの声

おたすけ妖怪ねこまんさ 作:横山充男
絵:よこやまようへい
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784580820845
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,546
みんなの声 総数 1
「おたすけ妖怪ねこまんさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 軽いタッチで読みやすい楽しい話!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    我が家ではハムスターを飼っているので、
    主人公の妹がハムスターを飼っている。という件を立ち読みして、
    つい図書館で借りてきてしまいました。

    ねこの妖怪の「ねこまんさ」というネーミングも、なかなかユニークで笑えました。
    字が大きく読みやすいのも、暑い夏休みでもスーと読めてしまうかな?って言う下心もありました。
    (なにせ、夏休みの間の子どもの学年の目標読書が5冊なので)

    想像通り、軽いタッチの物語で、楽しくさらりと読めました。
    ただ一つ、気になったのは、もう少し前なら、こういう大きさの字で、こういう内容の物語は「絵童話」という種類で、幼稚園の年長さんくらいから小学校低学年の、これから本格的な読み物を始める準備、みたいな種類に分類されていたかと思います。

    ところが、この作品は最初から「小学校中学年向き」に指定されていました!
    子どもたちの本離れ、「読み物」というわれる本格的作品への低年齢化が顕著になってきたんだな〜と、作品の内容とは別のところで、びっくりしてしまいました。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット