しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

学校行かなそんそん」 みんなの声

学校行かなそんそん 作:岸川 悦子
絵:狩野 富貴子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年09月
ISBN:9784569681993
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
「学校行かなそんそん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心がひりひり

    ゆかは三年生の新学期を迎えました。

    ゆかの両親は離婚し、ゆかは父と共に祖母の家で暮らしています。新学期と転校で、学校へ行くのも楽しくはありません。

    そんなゆかを迎えてくれたのは、子どもたちを「だっこで、ぎゅ」をして迎えてくれる中津先生でした。

    三年生というと息子と同年代、そんなゆかが抱えている悩み・痛みを思うと心がひりひりしてしまいました。

    同時に、ゆかを育てる父がゆかの気持ちに気付かないことへの憤りを感じてしまいました。

    いろいろな状況の子どもたちがいるのは、現在では仕方がないことなのかもしれません。

    でも、子どもの気持ちに気付く大人であってほしいし、大人は子どもを守ってほしいとも願わずにはいられません。

    ゆかの視点で書かれているので、中津先生はゆかを取り巻く信頼できる大人という立場なのですが、個人的には中津先生のことを私はもっと掘り下げて書いてある読み物であったらよかったなあと思いました。

    いきなり離婚で始まったのでドキッとしましたが、今の問題として中学年以降の読み物にもこうした状況が取り込まれていくんですね。

    海外物を読んでいると書き方にもあるのかもしれませんがあまり気にならないのに、日本のものだと引き付けて考えてしまうのか、最後の方などゆかの気持ちを思うと私は心が痛んで仕方がなかったです。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット