あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

「図書館内乱」 みんなの声

図書館内乱 本体価格:\1,600+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784840235624
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「図書館内乱」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 裏話も楽しい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    作者を一躍有名にした「図書館戦争」シリーズの第2巻。
    うちの子は、最初の「図書館戦争」より、2巻目のこちらの方が面白かったようで、あっという間に読んでしまいました。

    そして、最近有川浩さんの作品をいくつか読んできましたので、
    「自衛隊が出てくる話とか、自衛隊みたいなのが出てくる話とか、ホントに多いよね」と、笑ってました。

    このシリーズは少し前にアニメになっていますし、マンガ本も出ているようですので、名前くらいは知っていましたが、実際読んでみると、これだけの世界観を打ち出して、読者にリアリティを感じさせる作者の腕に唸ります。(これは私の感想)

    異常なまでの図書の検閲。良化委員会なる存在。
    図書を守るために図書館が独自に組織している図書隊(自衛隊のようなもの)。「本」を巡っていろいろな出来事が起こっていきます。
    この第2巻「内乱」で、作者が一番書きたかったところは、
    『レンツリーの国』(作品の中に出てくる架空の小説)にまつわるいろいろな出来事だったのようです。
    その後、この架空の小説は別の出版社の協力のもと、実体化して出版されています。
    本好きとしては、こういう裏話も面白いです。

    このシリーズは、異様な切り口で「図書」の世界を描いています。
    そこにほんのちょっぴりロマンスもあって…。
    お薦めは中学生から高校生くらいかな?
    もちろん、大人が読んでもとても楽しいです。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット