たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

きんいろのきつね」 みんなの声

きんいろのきつね 作:大川 悦生
絵:赤羽 末吉
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1968年11月
ISBN:9784591003947
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,697
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人向けの昔話

    子供にも読みましたが、難しかった様子です。
    中国の「殷」や「遣唐使船」など、歴史的な事柄が出てくるので、大人としては読み応えがあって、とても面白かったです。
    スケールの大きいお話なので、大きくなっても楽しめることでしょう。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 殺生石物語

    この世のものとも思われない一匹の女狐が生まれ出て、目玉はらんらんと照り輝きふっさりとした金色の毛で包まれ長い尾が9つに裂けておったのがとても怖いです。親から可愛がられて育ったのならまた違う一生を終えたと思いました。中国やインドを荒らしまわった恐ろしい女狐が日本へ渡ってきた大スケールの大きさにびっくりでした。どの国でも男は美しい人には弱い者、女のいいなりになるものだと思いました。日本で退治出来て、殺生石となることが出来て今が今まで辺りの人びとを恐れさせていても女狐自体が案外ほっとしているのかも知れないと思いました。

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 歴史的おはなしをあかば作品で

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    また、見っけ!あかば氏作品!!

    1968年初版ですよ!
    素晴らしい

    って、なんで知らなかったんだろう・・・

    話は、壮大で
    組み合わせ?のような
    歴史をもう1度復習しないと・・・(^^ゞ
    みたいな

    ただの昔話ではありません
    読み応えあり!です

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 壮大な昔話

    日本だけでなく、インドや中国を渡ってやってきた九尾のきつねということで、壮大な昔話だなあと思いました。

    殺生石という石の由来ともなった話というと、そこにはこんなお話があっても不思議ではないと思わせるものがありました。

    実際にこのような魔力のあるきつねがいたら本当におそろしいと思います。

    絵は赤羽さんで、魔力のある不思議な狐の様子をよく描いていて、ぞくっとするような怖さがある場面がありました。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • スケールが大きい!

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    赤羽末吉さんの絵です。
    ぜひ、絵本をひろげて表紙と裏表紙をいっしょに見て欲しい。
    ぐわぁ〜んと、漆黒の闇にひろがる不思議なキツネには尾が7つ。
    そしてそのキツネの表情・まなざしの妖艶なこと。
    ぞくっとします。

    読んでみると、小さな子にはちょっと難しいかも。
    だけどとてもスケールが大きくて、怪しくて・・そしてちょっとなまめかしさもあり・・。
    日本の朝廷だったり、中国やインドでも壮大な災い(飢饉・火事・騒乱・・)をひきおこす魔物のキツネ。
    最後は武士たちが大勢弓矢を持って、退治にでます。
    ダイナミックで荘厳で・・・黒澤明の映画「乱」みたいな空気を感じました。
    いやーすごい絵本に触れたな・・・という読後感。
    5歳の息子は「怖かった」と一言。

    でも怖くても一度は手にとって損はない1冊だと思います。
    絵本の幅が広がったかも。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 学校にもきんいろのきつねはあります!

    • 桜姫さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 沖縄県

    初めて読んだのが小2の頃ですかね?(聞いて分かるわけねーだろ)今でも大好きです。あの、「ぎゃおおーん」と言う悲鳴が何とも言えません。友達と一緒に読んでいて、1分くらい沈黙が続きましたからね(笑
    後で、「一体何だったんだろうね」と話した次第です。
    友達は、この話を読んだ日は少し眠りづらかったとか…。
    この話はとても面白いのですが、少し怖い???
    殺生石って本当にあるそうですね。(知らなかったのかよ…
    本当の話?(さすがに違うと思うよ…。

    でも、すっごく面白くて心に残ります。この話は桃太郎のように有名ではないですから知っている人も少ないみたいですが、この話には引き寄せられる何かがあると思います。
    親に知っているか聞いたところ知らないそうです。(泣
    買ってもらおうかな?(笑

    学校でも、この話を読む人を見た事はないですね。私だけ?
    皆こういうのには興味ないのかな…。 初めて読んだとき以来全然読んでなかったんですが、この間久しぶりに読んで何となく懐かしかったです。(まだお前にそんな言葉は早い)

    私ぐらい(小5です)か、私より少し下の年の子供さんがいる大人の方にはオススメです^^

    掲載日:2007/05/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 映画をみているようです。

    きんいろのきつね 「殺生石ものがたり」より
    きつねの昔話が、中国 インド までいき王様のお妃になり人間を困らせていた。

    怨念 とも言えるものです。

    きつねの顔は、こわくて、しっぽが九つもある。こわ〜いお話です。

    赤羽末吉さんの絵は映画の世界のように動きがあり、こわくて、しかも躍動感があります。
    クライマックスのきつねが 矢にさされたところなどは、映画の世界に引きこまれた気がしました!

    ぎゃおおーん
    きつねのひめいが、おおきな声で聞こえるようです!
    まさに  映画の世界に入っていました。

    歴史もあり、占い師が出てくるところなど、安倍晴明のように思えました。

    子供によんであげるなら、紙芝居か映画のように,読んであげたいですね!

    殺生石  ちょっと難しいですが、人間を越えたものを感じます。

    きつねが夢にでてきそうです。

    掲載日:2006/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 有史以前から生きている化け狐の話。
    中国、インド、日本と歴史と国を飛び回り、人をバカしては悪事を働くキツネの性は、少し薄気味悪くもあります。
    陰陽師安倍泰成をはじめ、登場人物を見るとスケールの大きな昔話絵巻です。
    最期に金のキツネはやられてしまいますが、那須野が原の殺生石のいわれにつながる話として、よくもここまで練り上げられたものだと感心しました。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人をも魅了

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    那須に伝わる、九尾の狐のおはなしです。
    美女に化けた狐は、古代中国の国家(殷と周)を滅ぼし、
    インド(天竺)の皇太子を惑わしたのち、遣唐船に忍び込み日本に上陸、
    玉藻前(たまものまえ)という名の女性に化け、鳥羽上皇の寵愛を受けながら、
    悪事を働くチャンスを虎視眈々と狙っていました。
    ところが陰陽師・安倍泰成に正体を見破られ、都から遠く離れた那須野が原に
    逃げてきます。
    そして、朝廷から遣わされた東国の武将、三浦義明・上総介広常率いる軍勢に
    責められ、ついに悲壮な最期を遂げます。

    時空を超え、世を惑わせ続けた九尾の狐。
    実にスケールの大きなおはなしで、読みごたえがあります。
    そして、赤羽末吉さんの挿絵はやっぱりすごいです。迫力があります。
    時代物はやっぱり赤羽さんだなーと改めて思いました。

    那須には現在も、狐の怨念が残っているとされる殺生石(国の史跡)があります。
    毒(硫化水素ガス)を発生させており、近づくことはできません。
    こんなところから、ひょっとすると本当の話なのでは?とも思わせてくれます。

    子どもには少し難しいかなとも思いますが、低学年には補足説明を加えながら
    読めば問題なさそうです。小1のわが子も真剣に聞き入っていました。
    読み終わったあとで「本当にあったおはなし??」と真顔で何度も質問してきました。
    また、大人の方々の前で読ませていただいた時には、思いのほか皆さん聞き入って
    下さり、「絵本を読んでもらったのは数十年ぶり。感激しました」と言っていただきました。
    絵本の底力を実感した瞬間でした。

    掲載日:2006/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しいけど、読み応えがある民話

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    この画家(赤羽末吉さん)の絵が気に入ったとみえて、数冊借りてきた長男(なかなかしぶいでしょう?!笑)。
    民話のシリーズの中でも、みんながよく知ってるようなものではなく、逆に今まで絵本化されなかったものを選りすぐって、シリーズにしたというだけあって、舞台も日本から、中国、インドまで飛び、時代もさらに昔にさかのぼる、というスケールの大きな絵本です。
    それだけに、かなり難しく、長男(小4)くらいでちょうどいい感じでした。
    さて、昔からずるがしこいイメージが強いきつねですが、最近は「ともだちや」シリーズなんかでもいい味出してるし、「手ぶくろを買いに」みたいな昔からの名作もあり、けっこう好きな動物だったのですが、このきんいろのきつねは、相当の悪者です。美しい姫に化けて、帝の心を奪うばかりでなく、帝の命、周り中の人の命をねらい、国々を滅ぼしてしまうのですから・・・。

    掲載日:2003/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット