ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…

ボクらはオコジョのおまわりさん」 みんなの声

ボクらはオコジョのおまわりさん 作:きむら ゆういち
絵:寺田 順三
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784333024049
評価スコア 4
評価ランキング 18,786
みんなの声 総数 11
「ボクらはオコジョのおまわりさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 珍しいオコジョが主人公の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    オコジョが主人公の珍しい作品。
    オコジョは、哺乳綱食肉目イタチ科の動物。
    日本では北海道と青森県のほか、東北、関東、中部地方の高山にいるようですが、実に可愛らしい生き物です。

    そのオコジョが4匹おまわりさんとして、活躍するという話。
    デフォルメして描いたオコジョなのですが、一寸可愛いとは言えない感じがします。
    直線と曲線でカチっと描き、足と手は省略したという容姿は、分かりやすいので幼児向きと言えるでしょう。
    ただ、青色をしたうさぎというのは、果たしてどうかなと思いました。

    話自体も起伏がなくシンプルなもの。
    絵を見て楽しむ類の絵本で、分章が一寸あるのですが、セカンドブックあたりと考えた方が良いかも知れません。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • オコジョ?!

    オコジョとは、イタチの仲間だそうです。
    最初、名前かと思いました^^;

    色使いがはっきりしていて、なんとなくディックブルーナ的な?
    特に凄いことが起きるでもなく、でも、ちゃんとおまわりさんしていて、それなりに楽しんだんではないかと思います。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • オコジョ・・・?

    図書館で借りてきました。
    文章は短いのでとても読みやすいのですが
    2歳の息子にはちょっと内容が難しかったかな?と思います。

    心をなくす
    心を傷つける
    というところをまだよく理解できていないと思うので
    キョトンとした表情で
    何?何?と聞いていました。
    こちらも説明が難しくて結局理解しきれなかったみたいです。

    絵は可愛いのでもう少し大きくなったらまた読みたいと思います。

    オコジョ
    という動物・・・
    私は初めて知りました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四匹一組

    このおまわりさんたちは四匹で一組のかわいいおまわりさんでした。人間のおまわりさんは大概一人なのでうちの子は面白かったのか、「なんでいつも四匹〜!!」って言いながらわっらっていました。私はこの絵本もとっても気に入っていました。なんかかわいい感じでよかったです。

    掲載日:2013/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • オコジョのお巡りさん

    この絵本の絵がとっても気に入りました。

    動きがカチコチというかビシっとなっていて

    とってもかわいい、おもしろい。

    絵本の中に出てくる動物が多彩でおもしろい。

    ワニが特に気に入りました。

    うさぎの子ときつねの子が大泣きしている

    部分があります。ここでの文章が想像できる結果

    なんですが、なんだかホッとしました。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しい部分も・・・

    5歳0ヶ月の息子に読んでやりました。オコジョのおまわりさんの活躍を紹介するストーリーですが、ちょっとこれは子供ではわかりづらいんじゃないの?という部分がありましたね。なくしたものときずついたもの。ものは物理的なものではなく、「お互いの心」だけにわかりづらい。息子も???でした。たんなる人の気持ちを理解するだけでなく、恋心がわからないとむりですね。しゃれにもならないので、ちょっと強引だなと思いました。それ以外はいたってシンプルです。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • オコジョ

    オコジョと言われて絵も見ても、すぐにはピンとこなかった私です・・・イタチと混同していましたね。

    「いち に さん し、いち に さん」の掛け声に、子供が反応していました。
    絵もシンプルでかわいいと思ったのですが、ウサギの絵だけは??
    たぶん、子供にとってもわかりにくかったと思います。
    ウサギが好きで、いつもならばすぐに「ウサギさん!」と反応しているのですが、まったくなかったので。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • うーん、

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    3歳から・・・とありますが、
    心を傷付ける・心を失くす、という表現は、この年齢では難しいと思います。
    文章は短く、簡略化されたシンプルな絵なので、
    ターゲットは小さな子なんだろうな・・・とは思うのですが。。。

    寺田さんの描くタビが可愛らしくてお洒落で素敵だったので、
    期待して借りてみたのですが、
    う〜ん・・・あまり可愛くない・・・?
    タビのような、ふんわりとした雰囲気を想像していたので、
    色調も絵柄もちょっぴり残念。

    娘は表紙のオコジョ達の視線にギョッとしたようで、
    読みたがりませんでした・・・orz

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大活躍

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ねずみのおまわりさんが町をパトロールしながら
    様々な問題を解決していきます
    ポイ捨て、まいご、風船、喧嘩・・・と大活躍します

    とにかくカラフルでかわいらしい絵で
    細やかに背景まで描かれているので
    パラパラ見るのも楽しい絵本です

    「いち に さん し いち に さん」
    の掛け声になってストーリーが進んでいくので
    そのたびに親子で掛け声を合わせて楽しく読みました

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和

    「いち、に、さん、し、いち、に、さん。」と、4人いつも一緒のオコ

    ジョのおまわりさんが、町の平和を守ってくれる安心感があります。

    4人なら、きっとなんかしてくれると思ってしまいます。

    親切で市民の為に働いてくれそうなので親近感が持てました。

    頼りにしているおまわりさんは、町の平和の為に、「いち、に、さん、

    し、いち、に、さん。」と行進して行きます。

    楽しくなる行進なので、大きな声で読みました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ごっこ遊びで楽しくやりたいお仕事ができちゃう♪

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット