たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

1年生になりました!」 みんなの声

1年生になりました! 作:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳:佐野 洋子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1990年01月29日
ISBN:9784579402953
評価スコア 4
評価ランキング 18,360
みんなの声 総数 11
「1年生になりました!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いろいろなお友達

     学校は、こんなところだよ、と教えてくれる絵本です。
     イギリスの学校は、日本の学校とはずいぶんちがうなと思いました。
     先生をかこんでの授業や、クッキーを焼いたりする体験がおもしろそうです。
     いろいろなお友達がいることも、わかります。
     
     カラフルな絵と言葉のレイアウトが、かわいいなと思いました。子どもたち、ひとりひとりの表情がいきいきしています。この絵本をみたら、学校へ行くのが楽しくなりそうですね。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外国のピカピカ新一年生

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    この4月で小学校に入学した息子と読みました。

    3月31日まで保育園、
    4月からいきなり小学生になり、
    たった数日で天と地ほど違う生活をすることになった息子。

    そんな息子と一緒に小学校についての絵本を読もうと思い、
    図書館から借りてきました。

    外国の小学校のお話なので、
    9月に始まり、慣れて一学期が終わる頃には、
    12月のクリスマス休暇。

    日本の学校とは随分違いますが、
    お祈りをしたり、
    キリスト様の劇をしたりするシーンは、
    興味深かったようです。

    世界のあちこちに、自分と同じ小学校一年生がいるんだなあと
    思ってくれてたみたいでした。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • この行事が、クリアー出来たら1年生

    ウチの下のコが通っていた幼稚園の生活の、まんまでした。

    みんなで、上着をかけて、トイレを確認して、めいめいが、したい事をする時間と、みんなで同じ事をする時間があって、お片づけをして、先生が本を読んでくれて、おうちの人が迎えに来てくれて帰る。

    なにげない日常の、移ろいの中に、子どもの迷う気持ちが、散りばめられていて、なおかつ、たんたんとした、過去形の文体。

    動物は、飼っていなかったけど、本も、おもちゃもあったし、絵を描いたり、工作もした。

    でも、やっぱり、がんばって沢山練習した『聖劇』や、発表会。

    幼稚園では、こんな生活を、送っていたよね〜と、かわいかった時間を、偲ばれます。

    本棚から、たまに本を開く時に、自分の(または、お子さんの)幼稚園の頃を、思い出してもらえると、幸いです。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウチの子も楽しくしているかしら!?

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    1年生になった入学式からクリスマス休みに入るまでの学校でも様子が描かれています。
    ウチの息子もこの春から1年生になりました。
    外国の学校のお話なので、ウチの息子の環境とは異なりますが、きっとこの絵本に出てくる1年生と同じようにだんだん友達になって、泣いたり笑ったり、怒ったり、忙しい毎日を過ごしているのだと思います。
    今は夏休み。もうすぐ2学期が始まります。
    学校もひと休みのこの時期に学校の話や友達の事をいろいろ話すきっかけになりました。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子も興味津々

    息子が一年生なので、一年生と題名にあるとつい反応してしまいます。

    一年生のお話ということなので、息子も興味津々。

    そして、海外絵本なので、日本の学校とすべて同じというわけではありませんが、その違うも興味深かったようです。

    教室でパーティって、日本の学校では見られない楽しそうな光景だなと思いました。

    掲載日:2008/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海外の1年生の姿

    今年の4月に1年生になった息子に2・3月と読んだお話です。
    海外が舞台ということもあり、
    日本の小学校と違うところもいっぱいだけど、
    小学校入学の嬉しさ・不安は万国共通。
    そんなことを感じちゃう絵本でした。

    息子にしてみると、保育園並に楽しそう〜と思ったようです^^;

    日本の小学校の雰囲気とはかけ離れているので、
    そういうのを目的に読むのにはそぐわないと思いますが、
    挿絵が細かいので、絵探しのような楽しみもあって、
    そのあたりが息子には楽しかったようです。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校にあがる子に

    あとがきを見ると、作者のジャネットさんとアランさんは夫婦で、どちらもイギリス生まれということなので、これは、イギリスの小学校の風景なのでしょうか?
    ギャビン、エロル、ソフィ、スシュマ、デイビッド、ケイト、ロバート、アリスが小学校1年生になり、学校に通いはじめるお話です。
    1日に学校で起こること、学校の中の様子が、細かく書かれていて、それがまた、日本の小学校のイメージとぜんぜん違うのがとても楽しい。
    1日目、ベルが鳴って学校が始まると、みんなはマットに座り、まずは、お昼ご飯のお金を集めます。このあたりからして、ぜんぜん違いますよね。
    そして、教室には、小さい図書館や、おままごとコーナー、洋服箱などがあるんですね。みんなは、昼前に、それで遊ぶ。そして、お昼を食べ、お昼ご飯の後は絵を描き、歌を歌って帰るのです。
    2日目、お昼前は絵と字と書き、ホールでお遊戯をし、外で遊び、お昼からは、みんなで工作をして、先生のお話を聞いて帰る。
    プールに入ったり、お料理したり、うさぎに名前をつけたり、ハロウィンの仮装をしたりして、どんどん月日がすぎて、みんな学校に慣れていく。
    「時々、すっごく楽しかった。時々、すっごくむかついた。時々、まごまごしたり、ねむたかったり、いらついたり、こぶだらけになったり、水ぼうそうになったりした。先生だって、ぜんぜん機嫌がいいばっかりじゃなかった。」っていうページが1番すきです。
    時間割ってないのかな?とか、みんなが座る時はマットなのねとか、学校なのに、誰かのお母さんがピアノをひいていたりとか、国が違えば、学校もいろいろなんですね。
    子供たちのいきいきとした姿が楽しい絵本です。

    掲載日:2006/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新学期にぴったり!

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子5歳

     イギリスの小学校の入学・新学期風景(9月から12月まで)が描かれた作品。9月から小学校に入学した娘にぴったり!と思い手にしました。コートかけ、洗面所、お話の時間、本だな、ままごと、ドレスアップ、ペイント……。絵本に登場する場面は、ウサギ小屋を除いて、どれも全て自分が毎日見たり体験するものばかりなので、娘はうれしそうに指差して教えてくれます。親しみを持ってページをめくるというのはいいものですね。彼女のクラスにも、この絵本のように、さまざまな民族・人種の子どもたちが在籍しているので、そこにも親近感がわきました。
     最後にクリスマスのお祝いの場面が出てきます。だからクリスマス絵本でもあるのかな? 米国と異なる点を知ることができ、それもいいなと思っています。

    掲載日:2004/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新1年生に・・・

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    1年生になって入学からクリスマスまでの外国の子供たちの様子が描かれています。保育園に入って新しい出来事を日々体験してくる子供たちにも身近に感じられたようです。絵が細かくて色々見つけるのが楽しいです。
    外国での小学生ってこんなことしてるんだと、違いが面白いです。親子でなにかを行うことが多いんですね。いろんな体験をして成長していく子供たちの姿が、我が子たちと重なります。

    掲載日:2004/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • イギリスの場合・・・。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    娘が新1年生になるので、1年生なる絵本を読みあさっています。
    この絵本の中の1年生は、作者がイギリス人ということなので、おそらくイギリスの平均的な1年生の生活の様子と思われます。それなので、日本の1年生の実態とそぐわないシーンも多く見受けられます。したがって、外国の1年生の様子を知る目的で読むのには、興味深いものがあります。しかし、「これからこういうことが、学校であるのよ」と教えてあげようという目的で読んだ私たちには、ちっよっと違うわ、という印象になってしまいました。
    でも、海外らしいかわいらしいイラストで、海外のおしゃれな雰囲気の小学生活を楽しむことができます。

    掲載日:2004/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット