ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

はるはいったいいつくるの?」 みんなの声

はるはいったいいつくるの? 作:キャサリン・ウォルターズ
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784566006775
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春を心待ちに

    まだ春を知らない小熊のアルフィーとかあさんぐまのお話。

    アルフィーは、冬眠の途中、時々目を覚ましてしまうのですが、その都度、春がきたんだと勘違いして、かあさんぐまを起こしてしまいます。
    そして、アルフィーは「はるは いつくるの?」とかあさんぐまに尋ねます。かあさんぐまは、そのたびに、優しく春の訪れのことを話ししてくれるのです。
    春を心待ちにしている時期に読みたくなる絵本です。
    愛情たっぷりの母さんぐまの様子が、見る者を優しい気持ちにさせてくれます。

    子どもが小さければ、抱っこして読んであげたくなるような、
    とてもかわいい絵本です。

    掲載日:2009/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • まだかな〜

    このお話は、春を待ちきれない小熊のお話でした。お母さん熊と冬眠していた小熊ですが、春が待ちきれなってすぐに目が覚めてお母さん熊を起こしてしまいます。そんな小熊を優しくなだめる姿がとっても素敵で優しい母の姿を感じました。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい春

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    季節は秋。
    これから冬眠の季節です。
    お母さんに「冬眠しましょう。目が覚めたら春ですよ。」と言われた熊のアルフィーは、まだ知らない春に興味津々。
    「春はいったいいつくるの?」というアルフィーの問いに、「花が咲いてミツバチやチョウチョが飛び回ったら春ですよ」と優しく答えるお母さん。
    いったんは眠りについたアルフィーですが、やっぱり待ちきれないのでしょうね。たびたび目を覚ましてしまいます。
    そのたびに、「ツバメが来て鳥たちがさえずりはじめたら」とか「お日さまが輝いて辺りが暖かくなったら」とか、お母さんは優しく説明してくれます。
    なんて優しいお母さんでしょう。こんなに頻繁に眠りを妨げられては、私はとても穏やかな気持ちではいられません。きっと「もう、いいかげんにしなさい!」と怒鳴っちゃいますね(汗)。
    さて、待ちに待った春は本当に美しい。絵がとても写実的で、花の一本一本までとても丁寧に描かれています。
    アルフィーはと見ると・・・あらあら、春を楽しむのはもう少し先みたいですね。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待つ気持ち

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    春を待ち遠しく思うあまり、はやる気持ちがよーく表れています。
    母親にしては、待ってなさいってば、もう!って感じでしょうか。

    色彩が鮮やかで、雪と春のコントラストがきれいです。冬眠している巣は、枯葉が敷き詰められているのもきれいです。

    どれをもって春っていうのか、難しいですね。ひとつひとつ春を見つけていってほしいと思います。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待ちわびる時期にぴったり

    春を待ちわびるということで、今の時期にぴったりではないかと思います。

    絵がとてもかわいらしいのと、春を待って何度も目を覚ます、アルフィーがとてもかわいらしく思いました。

    一場面一場面とても繊細で美しく、最後のページは「あっ」と言うほどきれいでした。

    アルフィーの子どもらしい無邪気さもいいなと思いました。

    スタイグを読むようになってから、評論社の棚をよく覗くようになったのですが、秀作が多いなと思います。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な挿絵です!

    訪問先の保育園の子どもたちと一緒に楽しみました。
    こぐまのアルフィーは初めての冬眠を迎えます。
    そして、もちろん、「春」をまだ知らず、どんな物なのか?
    とても興味津々でうまく冬眠することができません。
    その度にお母さんくまが春の様子についてお話しするのですが
    「チョウチョウが飛び回ったら・・・」
    「小鳥たちのさえずりが聞こえたら・・・」
    「おひさまが輝いたら・・・」
    春にたいする表現がどれも素敵で
    素敵なおかあさんだな〜って感じます。
    さて、アルフィーは素敵な目覚めを迎えることができるかな?

    この絵本はお話しもとてもかわいらしくほのぼのとしながら
    春を待ち遠しく思うのですが、それ以上にすばらしいのが
    描かれた挿絵!くまの親子やリス、その他のどうぶつたちの
    ふんわりとした柔らかな毛並みを感じる、細やかな絵に
    銀世界の冬の始まりをたっぷりと楽しめる絵、
    そして、ラストの温かで、まるで妖精が出てきそうなくらいに
    花一面の華やかな絵。すべての場面が素晴らしく
    絵画のようです。
    動物達のいきいきとした様子もてに取るように感じ
    満足どの高い絵本でした。
    訪問先の園の子どもたちも、「羽〜キレイ!!」と大絶賛!!
    小さなお子さんからこの世界を楽しんでもらいたいな〜

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵が素敵^^;

    冬眠に入るクマの親子、アルフィーとお母さん。
    お母さんは、
    「花が咲いて、ミツバチやちょうちょうが飛び回ったら、
    春ですよ。」
    っていうけど、春を初めて迎えるアルフィーにはいまいち
    ピンとこない。
    ちょっとワクワクしながら、眠りにつくアルフィー。

    そして・・・・
    目を覚ましたアルフィー。

    そこにはちょうちょうが!!

    春だと思って、お母さんを起こすんだけど、

    そのちょうちょうは、○○○○なのです。
    まだまだ冬まっさかり(笑)
    気が早すぎだよ〜って感じで笑えてしまうのです。

    春が待ちきれないアルフィーの姿がとっても可愛いくて、
    遠足とかが待ち遠しい子供の姿みたいです♪♪

    もう朝?
    もう起きていい?

    みたいな、日常の子供とのやりとりのような感じです☆

    気の早いアルフィーに、何度も何度も起こされる
    お母さん。
    週末の我が家みたいだわ^^; 
    なんても思ってしまいました(笑)

    そして挿絵もとっても素敵。
    季節の移り変わりがとっても丁寧に描かれているんですよね。
    ページをめくるたびに少しずつ春が近づいているなあと感じます。

    息子は毎ページに登場するリスさんも気になっていたようです♪

    掲載日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春が待ちどおしくって・・・

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、女の子10歳

    こぐまのアルフィーはこれから初めての冬眠をします。お母さんは「目が覚めたら春ですよ」って言うけれど『春』ってどんなものかわからない。お母さんに抱かれて眠りについたアルフィーですが、ふと目を覚ませてしまいます。「ちょうちょうだ」とお母さんを起こしますが、まだ外は冬。もう一度眠りますが、また目が覚めて・・・。
    はじめての冬眠にちょっと興奮したのかしら?なかなか眠れないこぐまのアルフィー。そんな子どもをやさしく見守るお母さん。最後のページをめくったら・・・。とても微笑ましいお話しです。色彩もきれいなので小さい子どもさんにも楽しめると思いますよ。

    掲載日:2003/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット