エメラルドのさがしもの エメラルドのさがしもの エメラルドのさがしものの試し読みができます!
作・絵: そのだ えり  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
人気急上昇中!あの、“りすのエメラルド”待望の続編!

図書館戦争」 みんなの声

図書館戦争 著:有川 浩
出版社:KADOKAWA アスキー・メディアワークス
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784840233613
評価スコア 3.67
評価ランキング 32,888
みんなの声 総数 2
「図書館戦争」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな世界になったら嫌だな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    人気があるシリーズというのと本が好きなので読んでみました。
    本を守るというのはいいのだけれど、軍隊だとか人を傷つけてもいいだとかの設定が私はあまり…。
    本を人を傷つけないで!とついつい思ってしまいます。
    図書館「戦争」が本当に命をやりとりするとは思っていませんでした。
    本が気軽に自由に読めないこんな世界になったら嫌だなと思いました。
    昔出会った憧れの王子さまに憧れて図書隊員になった主人公 郁は一見たくましいようですが乙女ですねー。
    個人的には戦争部分がないほうが楽しめました。

    掲載日:2018/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信じられない『メディア良化法』なるもの

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    『メディア良化法』という、実にけったいな図書に関する法律が施工された。という時代に生きる、数々の図書を守るために図書館が独自に組織した「図書隊」という人たちを描いた作品です。

    上の子の朝読用に探してきました。
    少し前のテレビアニメになった頃、本屋さんに山積みつまれていた時は、なんだかとても軽い作品に見えて手に取ろうとは思いませんでした。
    でも、たまたま司書の方に他の有川作品を薦められ、子どもといくつか読んできて、もしかしたらいい作品かもしれない。とやっと手にしました。

    「図書隊」なんて、まるで軍隊か自衛隊みたいだし、読み始めたときは、「本」と「戦闘」を合わせる作品って、一体!?と、驚きましたが、娘ともども、いつの間にか作品の世界にどっぷりつかっていました。
    主人公が熱血なハチャメチャで、周りを固める主要登場人物も個性的で面白いキャラクターがたくさんでてきます。
    小学生くらいですと、まだ関係性やら、世界の設定やらを読みこむ力がないと思いますので、お薦めは中学生から高校生ですね。
    本がお好きな子なら、きっと、この作品のやり取り、主人公の「想い」に共感できると思います。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット