すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おかしなおかし」 みんなの声

おかしなおかし 作:石津 ちひろ
絵:山村 浩二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2013年05月25日
ISBN:9784834080056
評価スコア 4.16
評価ランキング 17,840
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ちょっと残念

    子供の大好きな「くだものだもの」から始まって
    食べ物シリーズ?第三弾!

    果物、お野菜、今度はお菓子!お菓子の大好きな
    子供は最初もの凄く興奮しました。

    以前絵本ナビのインタビューで「焼き菓子など
    色が単調になって大変」(確かこんな感じ)で
    お話をされていたと記憶しています。
    確かにお菓子って大変かもと見ていて思いました。

    今回はインドアでお菓子がスポーツしていましたが、
    悲しいかな前二作品と比べてしまい一作目の
    果物のドーンと描かれたダイナミックさや、
    お野菜の手に汗握るストーリー展開が見られず
    両者と異なる新しい魅力を見つける事が出来ずに
    残念に思いました。

    それでも美味しそうで、おかし達の生き生きした
    表情は健在でした。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ダジャレ

    ダジャレ好きの幼児期〜児童期に。

    ちょっと苦しい語呂で、読むのが(発音が)難しいかも。
    娘に「くだものだもの」よりウケなかったなぁ。
    読み方が下手で、わかってもらえなかったのかなぁとも思うけど。

    練習が必要ですね。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり手に取ってしまった

    シリーズ第三弾、やっぱり手に取ってしまいました。

    1作目ほどのインパクトはありませんが・・・ダジャレとイラストがぴったりとマッチ!
    読みながらイラストを見ると笑ってしまうこともありました。

    いい加減なようでいて、でもストーリーになっていて・・・とても好きな絵本です。

    掲載日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉遊び

    図書館でぱらっと見て面白そうだなと思い、借りて来ました。
    0歳の息子にはまだ意味は分からないですが、お顔のついたお菓子たちがたくさん登場するので、前のめりで絵本を見ていました!
    似たような言葉がお菓子と共に組み合わさっていて、楽しく言葉遊びが出来そうです。
    小学生くらいになったら、早口言葉のあそびも出来そうですね(^_^)
    お菓子たちが生き生きとスポーツする姿は滑稽でとても楽しく読めました。
    他のシリーズも是非読んでみたいです。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『くだものだもの』で笑ってしまった後はおやつの時間。
    ユーモラスな言葉遊びですが、語彙としてはちょっとグレードの高い言葉が多いような。
    でも、リズムで押し通しましょう、
    おかしキャラも一生懸命です。
    おかしはおいしくなりそうですね。

    掲載日:2016/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダジャレ満載!

    色々な種類のおかしたちが登場する中で、おかしらしいダジャレが満載です!うちの子の場合、おかしたちの名前が気になったらしく、何度も何度も「これなあに?」と質問攻めにあってしまいました。ダジャレもまねっこしてます!

    掲載日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続編に期待したい

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    「くだものだもの」がとてもお気に入りだったので、こちらも読んでいました。

    やはりこちらも面白いのは面白いのですが、子供には少しわかりにくかったかなと思います。

    まだあまりスポーツも知らないので、バスケットって何?スマッシュって?タックルって?
    お菓子の名前もワッフルって?クラッカーって?マドレーヌって?

    といった具合で、大人にはわかるけど4歳の息子には未知のものが登場しすぎてピンと来ないところも多かったようです。

    このシリーズの世界観は好きなので、もっと楽しい続編が出てくることを期待します!

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • トランプリンと読んでしまいそう

    さすが、石津先生の作品です。

    タイトルから洒落交じりの言葉遊びになっています。

    表紙絵には、母子揃って大スキなスウィーツ系のせいぞろい。

    扉絵は、スウィーツスポーツセンター前に佇むおかしちゃんたち。

    一見開き目のまんじゅう じまんの じゅうなんたいそう″でクスッ!
    プリンちゃんののっかっているのを思わず、トランプリンと読んでしまいそう。
    ビスケットがバスケットでシュート!″でハハハ!
    のどが からから クラッカー″で、私も飲み物がないとクラッカーは、きついです。

    極めつけは、まどべで まどろむ マドレーヌ″で大笑いでした。

    山村先生の絵が、ピッタリですね。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 石津作品のファンです。

    『おやおやおやさい』『くだものだもの』が大好きなもうすぐ3歳の息子。
    大好きで暗唱するくらい読み込んでいます。
    年齢的に「おかし」をあまり与えていなかったため、『おかしなおかし』は読まないで過ごしてきましたが、3歳に近づくくらいになると、おもちやクッキーやクラッカー、マドレーヌなどなど、生活の中に登場するように。
    そこで『おかしなおかし』も購入してみると、やっぱり大好き石津作品。
    心地よい言葉のリズム、言葉遊び、そして山村さんのかわいらしくもポップな絵に魅せられ、毎日読んでいます。
    息子だけでなく、私もとても楽しんでよんでいます!

    掲載日:2015/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子がたくさん!

    たくさんのお菓子達が,スポーツセンターで様々なスポーツをします。
    その表情が何だか愉快でした。
    そして,数々の言葉遊び!!

    たくさんのお菓子を見ながら「どれが食べたい?」と言い合ったりもしながら読みました。
    娘は金平糖やクラッカーは馴染みがなかったので,知るよい機会にもなりました。

    言葉遊びは,我が家の娘の反応はイマイチで(笑)。
    一度読んだだけでは,まだ理解は難しかったようです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



完売店続出・即重版!終わりのない愛の絵本、好評につきPart2

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.16)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット