ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ミムラの絵本散歩」 みんなの声

ミムラの絵本散歩 作:ミムラ
絵:坂崎千春
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784592732587
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ムーミン解説

    前作のエッセイ『ミムラの絵本日和』がとても楽しかったので、こちらも読みました。こちらでは「ミムラ」の名前の由来などにも触れられていました。
    特に、その名前の由来となったムーミンについての解説がとても面白かったです。ムーミンのお話が読みたくなってきました。
    また、行ったことのある絵本屋さんトムズボックスや、大好きな絵本の紹介もあって、とてもうれしかったです。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミムラさん、ムーミンを語る

    女優のミムラさんが雑誌MOEで連載中のエッセイを単行本化、第二弾。
    今回はご自身の芸名のルーツだというムーミンについて
    アツーく語っていらっしゃいます。
    一人一人のキャラクターをミムラさんの言葉で解説されていたり
    ミムラさん独特の視点でムーミンを表現してくれるんですけど
    ミムラさんのムーミン好き具合がハンパではなく愛情あふれていて
    楽しいです。
    そのほか絵本作家のスズキコージさんとの対談や
    ミムラさんが心揺さぶられる絵本紹介もあって
    本当に盛りだくさんです。
    オススメします。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • エッセイと写真

     モエに掲載されているときから、楽しく読んでいました。ミムラさんはデビューしたころから、名前が気になっていました。エッセイを読んで、ミムラねえさんへの想いが伝わってきました。
     
     絵本のエッセイはもちろん、カフェや雑貨屋の紹介など写真もたっぷりでおもしろかったです。ミムラさんがのんびり楽しんでいる写真をみて、うらやましくなりました。
     
     スズキコージさんとの対談も楽しかったです。美女と野獣?のようなおふたりが素敵でした。
     

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット