モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

もん太と大いのしし 改訂」 みんなの声

もん太と大いのしし 改訂 作・絵:馬場 のぼる
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1975年8月
ISBN:9784591065938
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 低学年にピッタリ

    キャラクターの設定がしっかりしていて、お話もシンプルながらメリハリのきいた面白い物で、低学年の子どもが読むのにピッタリです。絵も可愛いですが、もん太と大いのししがとても魅力的。娘も大好きになりました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがは大いのしし。

     11ぴきのねこシリーズや、きつね森の山男など、馬場さんの絵本が大好きな子どもたち。そろそろ童話へと進めたいけど、こだわりのある長男が、これは絵が少ないとか、この本は文章が多い等と本選びに困っていた時に、絵本から童話への橋渡しにちょうどいいかなと思って図書館から借りてきました。みごとにはまった本です。

     矢も跳ね返し、大岩も砕くほどの大いのししと、このたいしょうを射止めるために切磋琢磨するもん太との不思議な友情が、読んでいて気持ちいい本です。

     馬場さんの本の最後には、サインとして馬のような字が書かれています。この字が大好きで、本棚から11ぴきのネコシリーズなど馬場さんの作品を取り出して、見比べていました。絵本っていろんな楽しみ方があるんですね。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • もん太と大いのししは良い友達??

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    だれにも射止められない大いのしし。矢は跳ね返す石のように堅い体、大きな石をも跳ね返してしまう。そこでもん太は石でも矢は刺さるという事をきき、石に矢をさす練習をするがまるでダメ。そんなある日、村のみんなで大いのししをやっつけに行くことにした。みんなが矢を放つがやっぱり歯が立たない・・・ところが、もん太が放った矢が大いのししの肩に刺さったのです。大いのししはそのままぬまにザブ〜ンと落ちてしまった。村のみんなは喜んだがもん太はどことなく寂しそう。でも、十日後もん太は大いのししと出逢うのでした。死んでいなかった大いのししをみてもん太はとても喜んだ。大いのししの肩にはまだもん太の矢が刺さっていた。なんと大いのししは肩こりがひどかったらしい。もん太の矢が肩に刺さって肩こりが治ってしまったんだって。もん太と大いのししはとてもいい友達の様な感じでした。

    掲載日:2003/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット