しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

王さまのえほん (5) びっくり しゃっくり」 みんなの声

王さまのえほん (5) びっくり しゃっくり 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年
ISBN:9784652040812
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そんなもの!

    びっくりしたい王様のお話です。
    前半は退屈しのぎで、後半はしゃっくりが止まらなくて、びっくりしたいのですが、どうしてもびっくりできないのです。
    驚かせようと練れば練るほど、驚こうと構えれば構えるほど、どこか白々しくなってしまうものなんですね。
    結局は、王様の期待を裏切った「ふつう」のことに驚き、しゃっくりが止まるというオチでした。
    「大笑い!」というより、「なるほど、そんなものだよね〜」と、妙に感心させられたお話でした。

    掲載日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃっくりを止めるには・・・

    寺村輝夫さんの「王さま」シリーズ、いろんな本が出ていますよね。
    このシリーズは、えほん、と銘打たれていますが、少し厚めで文章が縦書きになっていて、幼年童話のような体裁になっています。

    お話は、わがままだけど憎めない王さまのある日の出来事です。
    すっかりたいくつしてしまった王さまの前に、小さな女の子宇宙人エグが現れます。
    彼女のおかげで王さまはしゃっくりが止まらなくなってしまい、大臣達はどうにかして王さまをびっくりさせようとするのですが・・・。

    相手が自分をびっくりさせようとしていることがわかっていると、そうそう本気で驚いたりすることは出来ませんよね。
    大臣達もがんばっていろいろ対策を考えているけど、それが王さま本人に筒抜けではねぇ(笑)。

    結局しゃっくりは止めることができるのか?
    宇宙人エグはどうなるのか?
    お話のラストで両方が明らかになります。

    王さまのわがままっぷり、ドジっぷりが可愛いこのシリーズ。
    6歳の息子のお気に入り本です。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット