庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

蟹塚縁起」 みんなの声

蟹塚縁起 作:梨木 香歩
絵:木内 達朗
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784652040232
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深く、切ないお話。

    • ローサさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    輪廻転生をベースにお話が積みあがっていきます。

    前世の記憶をもつ主人公が、蟹を助けます。蟹の恩返し?と思ったら・・・・。

    ほっこりするお話かな?と油断させておいて、ずーんと深いお話が潜んでいます。
    挿絵が油絵で書かれているようで、1ページ1ページが絵画のようです。

    中学の読み聞かせで読もうかと思い、まずは小学生の息子たちに読んで聞かせてみました。

    「恨み」は、持っていてもいいことはない。

    最初の方で登場する、理不尽な名主に対して憤っていた息子たちですが、お話が進むにつれ、静かに聞き入っていました。前に進むためには、「恨み」を手放さなければならない、というメッセージでしょうか。。子どもたちには届いたようです。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前世の因縁につながる奇譚絵本

    寝ていたとうきちを誘う蟹の行軍。
    庄屋の息子が沢蟹の足をもいで遊んでいるのを、見咎めて放してやったことに対しての逆恨み。飼い牛をとりあげてしまった庄屋への抗議の姿勢であったのであろうか。
    とうきちは前世を薮内七右衛門として敵と戦う武将であったという。
    庄屋もまた敵方の大将であった。
    蟹もまた前世に起きた戦国の闘いで、七右衛門を慕う兵士たちであったのか。
    因縁話と蟹達の恩返し。
    木内さんの重厚な油彩を従えて、梨木さんの話も濃厚なロマネスクである。
    ヤングとアダルト世代にお薦めの一冊である。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前世からの因縁

    昔話風のお話なので、蟹の恩返しかと思ったのですが、前世からの因縁、今世で果たすべき使命などが絡み合ったお話で、惹き付けられました。

    とうきちが助けた蟹が、前世の記憶への案内役をしています。

    「七右衛門は愛情が人一倍強く、そのため怒りや憎しみもまた強い力を持っていたのでした」という言葉に惹かれました。

    心の中で、積もっていくよどんだ気持ち、恨み・憎しみなど癒すのが難しいように思いますが、その気持ちに執着し続けていると、抱えきれないほどの苦しさになっていくように思います。

    前半の暗さと反対に後半では魂が浄化していくような感じを受けました。
    読んだ後、強い印象が残ります。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット