だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

カボちゃんのプリン」 みんなの声

カボちゃんのプリン 作:高山栄子
絵:武田 美穂
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784652008881
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,726
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ソラちゃん、やさしいね。

    カボちゃんが、かぜで学校をお休みしました。
    となりの席のソラちゃんは、ちょっとさびしそう。
    タマちゃんとピーマンくんは、相変わらずのいじわるばっかし…
    給食のプリンを、ソラちゃんは、カボちゃんに食べさせてあげたいと思いました。家に届けることになったのですが…
    題名を見て、もしかしたら、カボチャプリンでも出てくるのかなと思ったのですが、優しいお友だちの思いのお話で、ちょっぴり切なくなる場面もありました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやつ

    給食のおやつのプリンを、風邪で休んだカボちゃんに持っていく!と勇気を出して発言した気弱なソラオくん。

    でも、弟に食べられてしまい、会わせる顔がないので困ります。

    お見舞いにいくみんなにかくれて、どうしよう、どうしよう。

    でもいじわる二人組に見つかり、カボちゃんに本当のことを言う勇気が出ます。

    許しあって、最後は優しい気持ちになれました。

    娘は気に入って読んでいました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 給食のおやつ

    風邪で休んだカボちゃんに給食のプリンをもっていってあげようとするソラオ。でも、弟がうっかり食べてしまって、おみまいにいきづらい。

    コンビニで買おうとすると他のお見舞いのクラスメートに会うし、、、

    でも、あやまってみんなでココアを飲みます。

    翌日はソラオくんが風邪で、カボちゃんは給食のみかんゼリーをもっていこうとしてますが、朝っぱらから、、、

    でもおかしいけど、癒されます。

    笑えるお話でした。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらおくんの勇気

    引っ込み思案のそらおくんが大好きなかぼちゃんのために出した勇気がとっても印象的でした。
    そのあとの弟がプリンを食べてしまうというハプニングも逃げずにきちんと説明して謝ることができ安心しました。
    やさしいお友達の反応にもほのぼのします。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっかりお友達

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子3歳

    全ページ試しで読みました。

    カボちゃんが学校を休んだ日、ソラオくんは楽しくありません。二人はすっかり仲良しのお友達になっていたんですね。

    ソラオくんは、カボちゃんの好物の給食のプリンを届けてあげることにしました。今時そんなことはできなさそうですが、いい話ですね。自分が子供の頃を思い出しました。

    お友達のためという気持ちが勇気も与えてくれるようです。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情☆

    大の仲良しかぼちゃんが風邪で学校をお休みしてしまって不安いっぱいのソラオくん。大親友がいない一日はいつもとまったく違って感じるものですよね。いつもは内気なソラオくんですが、お休みしたかぼちゃんへ給食のプリンを届けに行きたいと勇気を出して発言した姿に心打たれました。そういえば私が子供の頃は、お休みした日に給食のパンをお友達が届けてくれたなぁと…届けてくれた食べ物よりも、休みの日に友達が心配してきてくれたことがとても嬉しかったことを思い出しました。
    かぼちゃんもそんな気持ちだったのですね♪ プリンはなくなってしまったけれど、お互いの優しい気持ちにとても温かい気持ちになる素敵なお話でした。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ソラオくん、がんばったね!そして、タマとピーマン。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    カボちゃんの、というタイトルだけど、
    私としては「ソラオくんの」というタイトルをつけてあげたい一冊。

    カボちゃんのゆかいなオトモダチの中でも
    ちょっとおとなしめ、いつもひかえめなソラオくんが、
    今回はとーっても頑張ります!

    カボちゃんのために、ここぞというときに、ここ一番の勇気を出した
    ソラオくん。
    人の本質ってこういうときに出てくるもんだなぁと
    改めて思わされた一冊でもあります。

    もちろんソラオくんの活躍あっての一冊ではありますが、
    カボちゃんシリーズで素敵だと思うのは、
    いじめっこキャラのタマとピーマンにも、
    何冊かに1回の割合で、救いの手が差し伸べられていること。

    今回もタマとピーマンがなんとなぁく、
    最後に友達の輪の中に入ってきてて、
    このお母さんの演出に救われます。

    いじめっこがいじめっこだけで終わらないのがとっても魅力です。
    ソラオくんがもちろん一番の一冊だけれど、
    タマとピーマンもカボちゃんを心配してくれてたんだね。
    そんな優しい気持ちで読み終われた一冊です。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりと勇気☆

    今回はソラオくんが主人公のお話☆
    ソラオくんの優しさと、勇気におもわず拍手をおくりたくなります☆
    友達のことを思って、勇気を出して頑張ると、今までできなかったことができるようになる、
    そうやって、ひとつひとつ大きくなっていくんだね
    子供ってすごいなぁ、と思わせてくれる作品です♪

    最後のカボちゃんも、やっぱり優しくって
    ソラオくんと、カボちゃんはほんと素敵なお友達同士だね♪

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • カボちゃんのために

    我が家の1年生の息子は、自分と同じ1年1組のお話を毎回楽しみにしています。
    今回の主役はカボちゃんの親友ソラオくん。いつもはおとなしくて気弱なソラオくんが、カボちゃんのために頑張って大声で発言するシーンに、ジーンとしてしまいました。
    登校して友達を待ち望む感じとか、約束を守れなくて泣きたくなっちゃう気持ちとか、自分が小学生の頃に思っていたことが描かれていて、私も、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。
    友達っていいなと、素直に思えるお話でよかったです。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生になった 教室の様子がとってもにぎやか 
    いろんな子どもの様子が おもしろいです
    ソラオくんとカボちゃんは 友達

    ある日かぼちゃんが学校お休みして ソラオくんは 淋しくて  いじわるな子もいます。いろんなこどもがいるな〜

    給食のとき プリンがでました   そのプリンを ソラオくんはカボちゃんに届けに行きたいと 勇気を出して先生にいえました(すごい!
    勇気をだして自分の思っていることがいえるのってとても大事ですね

    届けに行く前に  弟に プリンを食べられて 困ったソラオくんの木もpちが分かります

    子ども達のきもちが うまく描かれています

    1年生の子ども達には共感できますよね〜

    掲載日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット