あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

カボちゃんのえんそく」 みんなの声

カボちゃんのえんそく 作:高山栄子
絵:武田 美穂
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784652008935
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,941
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • たてかんばん

    えんそくで、山のてっぺんにのぼるみんな。みんな、思い思いのおやつを持っていきます。

    でも、いつものいたずらっ子、たまとピーマンは、立て看板の向きを変えてみんなを遭難させます。

    困ったみんなの前に、シーツをかぶって表れて、ばけもののふりをして脅かします。ひどい!

    しかも途中で草をむすんで罠をしかけたくせに「助けて-」とピーマンがさけびみんなを転ばせます。

    でも、柵を越えて無理にすすみ崖から落ちた二人。みんなに助けてといってももう信じてもらえませんが、本当に泣いてるみたい、と、カボちゃんとソラオが助けにいきます。

    みんなで助かりほらあなで雨宿りし、ババ抜きして遊びます。

    オオカミ少年の教訓になる気がします。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 登山でそうなん

    えんそくで、山にのぼるんですが、タマとピーマンは、方向看板の向きを変えて仲間たちを道に迷わせ、さらに布をかぶって、ばけもののふりをして出てきておどかします。

    「助けて-」とピーマンがさけんで草の罠でみんなを転ばせたり。ひどい子たちです。

    でも、崖から落ちた時に、みんなに助けてといってももう信じてもらえません。そりゃあだましてたらそうなりますね。

    でも、ほんとに泣いてるみたい、と、カボちゃんがみんなをつれて助けにいきます。

    教訓的ですが、最後は仲良く遊んだりして、なかなか良かったです。

    でも長いので読むのに時間がかかりました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじわるはいけない。

    優しいお友達がおおいかぼちゃんのクラスですが、今回もいじわるコンビがやらかしてくれました。
    ちょっとしたいたずらがとんでもない事態を引き起こす今回のおはなしは、息子もハラハラしたようで、少し怒りながら読んでいました。
    小学校になったらいろんなお友達ができるだろうけど、いじわるはいけないね、とお勉強になりました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいへんな遠足

    初めての遠足で、大変なことが起こります。
    タマちゃんとピーマンくん、表情を見ただけで、なんだこいつらいじわる!って思ってしまいます。期待を裏切らない意地悪に、正直頭にきました。
    さらに、悪い状況になってしまった遠足でしたが、この経験で、さらに成長をしていくことでしょう。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハードな遠足!

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子3歳

    全ページ試し読みで読みました。

    カボちゃんのはじめての遠足。案の定次から次へと事件が起き、かなりハードな遠足になります。意地悪な子は遠足でも意地悪ですね〜。

    でも最後にはみんな仲良く過ごせたようでホッとしました。

    ただ、小さな子供には、会話文や気持ちの描写が多すぎてちょっと読みにくいかもしれないと思いました。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハクサイくんすてき!!

    タマとピーマン、はじめは仕方ないなぁ〜と思っていたけど
    作品が進んでいくにつれて、ほんと手が付けられないイタズラっこに、、
    今回はかなりハードないたずらをしかけてもう大変!!!
    なんとかハッピーエンドでほっとしました。。
    でもなにより、ハクサイくんがいろんなところで機転を利かせてくれて、
    皆が非常事態に臨機応変に対応できてほんと良かった!ハクサイくんがさらに好きになりました♪
    皆の個性がどんどん光ってきて、カボちゃんシリーズから目が離せません♪

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちが伝わってくる

    ちょっと文章が長いので、子供たちではなくて私が読みました。

    そらまめくんの気持ちがとても伝わってくるストーリーでした。
    友達が学校を休んでしまってとても心細い気持ち、プリンを持って行ってあげよう、そうしたらお友達に会える!という嬉しい気持ち、せっかくのプリンを弟が食べてしまって悲しくて許せない気持ち、お友達に会えて、プリンのことを分かってくれてホッとした気持ちなど。

    自分も小学生の頃、そんな気持ちをたくさんたくさん経験したなぁ。大人から見ればたいしたことがないことでも、子供にとっては一大事!そういうことってたくさんありますよね。そういう経験を通して、子供は大きくなるのだぁと思いました。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラします〜!!

    楽しい遠足の話かな???と思いきや、
    ハラハラドキドキの展開。
    こんな遠足だと先生、大変〜!!!

    主人公のかぼちゃんはお友達に優しいとってもいい子ですが、
    タマとピーマンのいたずらがひどいですよね〜!!

    「そんなにいたずらばかりしていちゃダメ!」と
    言いたくなっちゃいます。

    子どもはこういう話の展開が好きなのかな?
    親としては、もう少しほのぼのしたお話がいいなあと
    思っちゃいます。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 協力して

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    5月のえんそくシーズンで
    うちの子たちも遠足に行ってきたばかりです。
    教室から飛び出して遠足にでかけるものの
    簡単にはいきません。
    クラスのみんなで協力して助け合いながら達成するすがすがしさが
    絵本を通じても伝わってきます。

    お友達っていいなぁと改めて感じます

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラどきどき!

    小学一年生のかぼちゃん、初めての遠足はハプニングだらけでドキドキハラハラでした。
    嘘つきは、おおかみの羊飼いの少年のように誰からも信じてもらえなくなるけれど、それでも助けを求める友達を心配しかけつけたかぼちゃんとソラオくんの優しさにほっこりしました。無事助けることができ、みんなで楽しく不安な時間も乗り越え、ハプニング続きの遠足は忘れられない思い出になったことと思います。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット