たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ゆうびんサクタ山へいく」 みんなの声

ゆうびんサクタ山へいく 作:いぬい とみこ
絵:いせひでこ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784652045053
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「ゆうびんサクタ山へいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあちゃんと孫との心温まるお話。

     東京から最近引っ越してきたサクタは、5歳だけどまだ幼稚園に行っていません。お兄ちゃんのケンタは4年生、小学校に行っているので、一人でいるときはつまらないなと思っているところに、お山のみゆきおばあちゃんから「サクラダ サクタ さま」ともみじの押し葉がついたお手紙が届きます。

     おばあちゃんからのお手紙に書かれている、山のお家にサクタは興味津々。その日から、おばあちゃんから来るお手紙を心待ちにしているのです。

     ビスケットのお礼に、サクタは絵を書いて送ろうと考えます。そして、出すのが遅くなったからと、この手紙を早く届けたいサクタは郵便さんの車に乗り込むのです。本局に行きたかったサクタでしたが、その車はドンドン違う所へと・・・。サクタはどうなっちゃうのかな。

     おばあちゃんと孫との心温まるエピソードが綴られています。

     山の中の動物たちと暮らすおばあちゃんと、いたずらっこのサクタとのかけがえのない日々。

     字は多いですが、挿絵が描かれているし、3つに区切られているので、年中あるいは年長さんから楽しめる絵本だと思います。絵本から童話への橋渡しにどうでしょうか?是非とも手にとって読んでください。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばあちゃんと孫のほっこりな関係

    いぬいさんの作品って
    読んだっけ?と手に取ったら
    なんと絵がいせひでこさんではありませんか!?
    即借り♪

    おばあちゃんと孫の関わり
    主人公の孫は、次男坊です。
    なるほど
    考え方とか生活の仕方というか
    いたずらっこな感じや
    こんな
    冒険までしちゃう感じがよくわかります。

    おばあちゃんは、お兄ちゃんではなく
    この次男坊サクタにだけお手紙をくれるのかな?
    お引越ししたばかりで
    幼稚園にまだ行けないから、その配慮なのかな?

    おばあちゃんからの手紙は
    とっても素敵
    何度リクエストしても読んでくれる
    おかあさんも素敵です

    郵便局の方々もとってもやさしい方ばかり

    「しかられた」って書いてあるけど
    サクタが自分が心配かけたからって
    ちゃんとわかっているところもいいです。

    お兄ちゃんのお陰で3日間もおばあちゃんと
    過ごせて、よかったです。
    おばあちゃんとの関わり方が
    とっても素敵
    おじいちゃんのこともわかって・・・

    ビスケット作りの雰囲気がとっても楽しいです。

    自分を見守ってくれる人が居るということ
    に、気付かせてくれる素敵な幼年童話?児童書?です

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れです

    おばあちゃんから届いたお手紙とお菓子の小包の返事を早く届けたくて、サクタは停車中の郵便車の荷台に乗り込んでしまいます
    そんなサクタに郵便局のおじさんは、おばあちゃんの家まで送ってくれます

    引っ越したばかりで、幼稚園への転園手続きがまだのサクタはつまらない日々をすごしていたので、そこに飛び込んできたちょっとした冒険が読み手側もワクワクドキドキする感じです

    山の中でのおばあちゃんの自然に囲まれた生活は、私的にはお気に入りで、憧れです
    文章を読んでいてその風景画目に浮かんでくるし、いせさんのイラストがまたすばらしく印象に残りました

    すでに亡くなっているおじいちゃんからのプレゼントにも、心が温まります
    大人が読んでなんとなく懐かしい遠い昔を思い出すようなお話に癒されました

    掲載日:2012/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの冒険ストーリー

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    児童書を読み始めた息子が自分で読んだ本です。
    字が大きくて、1ページあたりの文字数が少なく、絵もそれなりにあるので、児童書を読み始めの子にお勧めです。

    山の上に住むおばあさんと5歳の男の子サクタの心温まるストーリーですが、途中、おばあさんに早く手紙を届けたいサクタが郵便局の自動車に乗ってしまうところで少しドキドキ、冒険が待っています。

    手紙をやり取りする楽しさ、山の上の大自然の良さを改めて感じることができる本です。
    手紙を書いたり、自然を散策したくなります。

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット