ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ゆきこんこん物語」 みんなの声

ゆきこんこん物語 作:さねとうあきら
絵:井上 洋介
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784652012086
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「ゆきこんこん物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哀愁三話

    読み終えてなんだかしんみりしてしまう三つの作品からなる『ゆきこんこん物語』。
    確かに、雪の日のもてあます時間にはぴったりの作品です。

    「ゆきんこ十二郎」
    雪をうまく降らせることができない、雪女の12人兄弟の末っ子の十二郎。
    自分に優しい娘のミネのために、一生懸命努力するのですが、十二郎の失敗でミネは、人買いに売られていく羽目になります。
    怖い話なのかもしれないのですが、十二郎の健気さがいじらしくて、しんみり。

    「おにひめさま」
    なだれにまきこまれて、大名行列から一人助かったお姫様。
    助けてくれた老夫婦のやさしさを、殺そうとされているという大きな勘違いで殺してしまいます。
    人を信じられない性がお姫様を鬼に変えてしまう。
    ちょっとしたことから鬼になってしまうのが、人間の弱さ。
    邪気溢れる作品ですが、どこかたまらなく切なくて、しんみり。

    「ベッカンコおに」
    鬼と知り合った盲目の娘。
    やさしくされて夫婦になります。
    自分には禍が降りかかると言われながらも、娘の目が見えるようにと薬草を探していたところ、娘の父親に鉄砲で撃たれてしまいます。
    勘違いが生んだ悲しみ。
    鬼は心優しくても、やはり鬼なのでしょうか。
    差別と障害者の話はどうしても、哀愁が溢れていて、しんみり。

    井上洋介さんの絵のおどろおどろしさに対して、3作とも心洗われるようなお話。
    でも、現代っ子にはこの、味わいは難しいかもしれません。

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット