みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

ぼくがもうひとり」 みんなの声

ぼくがもうひとり 作:山中 恒
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784652021590
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,584
みんなの声 総数 2
「ぼくがもうひとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やってもいないのに!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    最初の紹介で男子にも女子にも先生にも嫌われている大樹。いったいどんな子なんだろうと思いながら読みました。転校生の美少女多恵だけは違うようですが…。
    もうひとりの大樹(?)がいじめっこたちに次々と仕返しをしていきます。本物の大樹は自分がやってもいないのになぜ?と戸惑いつつも仕返しを喜んでいる感じも。
    大樹の夢遊病?それとも…?
    けっこう過激なところもあります。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山中恒さんって何者?

    不思議なツボに悪口を書いたメモを入れたら?
    自分の分身が様々な事件を起こします。
    山中さんの発想の奇天烈さには脱帽しますが、今まで読んできた作品のような人情味は薄かったように思います。
    奇天烈さも羽目を外してしまうと、陳腐なものに変わります。
    大人の目を通して考えてしまうと、この作品は少しやりすぎ。
    パンツを脱がしたり、悪さをしたり、ゴルフのパターで母親を打ったり…、過激というか少し品位を失ってしまったようで残念です。
    もっとも、子どもたちはそんなことはお構いなしに楽しんでいるようなのですが。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ミキハウスのめくって遊べるしかけ絵本!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット