おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

空とぶくじら」 みんなの声

空とぶくじら 作:みなみらんぼう
絵:篠崎 三朗
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784052016301
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,795
みんなの声 総数 4
「空とぶくじら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 環境問題

    このお話は進化の流れと環境問題をかけて表現した絵本でした。ゾウの耳は住むところがなくなって、どこかへ飛ぶために大きくなって、クジラは海が汚れてそこから逃げるためにヒレを羽根にして空へ。本当の話のようなうその話のようなこのお話は、環境問題を子供に感じてもらうのにはいい本だと思いました。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にわかりやすく伝えられる

    図書館で子供が見つけてきた絵本です。

    何だか夢があるタイトルだな、と暢気に読み始めましたが・・・。

    読みすすめていくと最初の印象から変わっていき、なかなか考えさせられる内容と感じられるようになりました。

    かつて陸にいたくじらが海に向かい、さらには空を目指す。
    でも思い叶わず・・・。
    くじらが再び海で暮らせるようになるにはどうしたらいいのかな、と自然に思いをめぐらせるようになります。

    なかなか考えさせられるテーマを、子供にもわかりやすく、馴染みやすくお話にまとめていると感じました。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳の息子の幼稚園の読み聞かせの時間に使わせてもらいました。少し長いお話しでしたが子どもたちも真剣に聞いてくれたようでした。
    くじらという子どもたちも大好きな動物が空を飛び陸で草を食べる。驚きと好奇心に満ちた視線をビシビシ感じました。そして母なる海を大切に!という作者の思いも自然と伝わったのではないかと思います。

    掲載日:2006/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしてくじらは空を飛んだのでしょうか。

     くじらが元々は陸上で暮らしていたらしいという話は私も聞いた事があります。陸上での暮らしに満足できなくなったくじら(正確にはくじらの祖先)はその生活の場を海中へと求めたのだそうです。
     「空とぶくじら」も元々は海で暮らしていました。海が住みにくくなったので生活の場を空へと求めて飛び立ったのです。
     空へ舞い上がったくじらはどうなったのでしょう。空の生活に馴染めませんでした。
     私たちがくじらの為にしてあげられることは何でしょう。くじらが海中で生活できるようにすることが私たちに出来るはずです。

    掲載日:2003/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / わすれられないおくりもの / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット