ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

椋鳩十のイノシシ物語」 みんなの声

椋鳩十のイノシシ物語 作:椋 鳩十
絵:おぼ まこと
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1995年08月
ISBN:9784652022672
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イノシシの知恵と逞しさと思いやり

    動物たちを題材に、数多くの物語を書いた椋鳩十のイノシシ編。
    細かい観察や調査に裏付けられていることがよく分かります。
    今では希少に思えるイノシシも、昔は人間と共存していたのです。
    12編の物語を通して、イノシシの荒々しさ、子どもを思う親心、人間に対抗する知恵深さなど、イノシシについていろいろなことを学びました。
    特に最後の話では、エサとなる木の実を得られず、山に居場所を失ったイノシシと禁猟区に暮らす村人たちの、農作物をめぐる戦いが近代日本の開発史を描いて興味深い内容です。
    この話は、終結することなく堂々巡りのまま話が終わります。
    イノシシとともにいる限り、終わらないテーマであると感じました。

    自然破壊、環境の変化、悪天候…。
    居場所、餌を失って時折町に出没する動物たち。
    決して昔話ではないですね。

    掲載日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット