だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

しろいおくりもの」 みんなの声

しろいおくりもの 作:立原 えりか
絵:永田 萠
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1985年02月
ISBN:9784061296657
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
「しろいおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元祖メルヘン

    シリーズの夏バージョンを母子でとても好きだったので購入。
    冬はさらにメルヘン度が高く、私には甘すぎましたが、娘はとっても気に入ったみたい。
    積雪の少ない地域の子どもって、必ずと言っていいほど雪に憧れがありますよね。そんな心の片隅を、ふんわりと広げてくれるような絵本でした。
    雪が降る日が楽しみになりそうですよ。

    永田萠の絵がまたきれいで、インテリアとして飾っても良さそう。
    北海道や長野の森の奥を(勝手に)想像しちゃいました。

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • やわらかい色

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    大好きな永田萠さんのイラストで
    眺めているだけでもうっとりしてしまいます。
    お話的には好みが分かれると思いますが、
    メルヘンが大丈夫な方に...。
    白い服を着た子供が箱を持って
    走り出し星のかけらが飛び散っていくところ、
    真っ暗な夜空に輝いている星など、
    とっても綺麗です。
    雪の冷たさを感じられないほどぬくもりのある作品。

    掲載日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の日に

    冬の日の朝、まどかは雪の積もった野原で白い小さな箱をひろいました。持ち上げるとキラキラ輝く粉が落ちてきました。まどかは箱の持ち主を探すことにしました。
    泉の近くまで歩いていくと、そりが止まっていて、その周りには白い服と白い長靴の子ども達がいます。その中のひとりがまどかが持っていた箱を持っていってしまいました。
    雪特有のメルヘンチックな要素を永田萌の絵がよく表現しています。
    雪の森の中の世界も大変綺麗で、よく描かれていると思います。

    掲載日:2003/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット