大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼく モンスター」 みんなの声

ぼく モンスター 作:越野 民雄
絵:高畠純
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1995年
ISBN:9784333017447
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,714
みんなの声 総数 7
「ぼく モンスター」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さあ、でるよ でるでる でてくるよ・・・・
    モンスターも友達になればきっとたのしい
    こんな始まりで   モッコリンボ  モグラたたき的ですが

    一つ一つが 高畠さんの絵がおもしろく 越野民雄さんのことばが 生かされていて なかなかおもしろいんです

    コモリモドキは いみしんでこわい感じ
    キャバネコ 表紙になっていて
    ラストのオオナマゴミは ゴミの立場で分かる気がします・・・

    いろんな 発想でものを考えて 皮肉ったり おかしかったり
    ちょっと 大人の絵本かな 

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「モッコリンボ」や「オオナマゴミ」笑える

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    おばけ(モンスター)というより言葉遊び的な不思議な生き物たちの紹介に思えました。
    最初に登場した「モッコリンボ」は、確かに思春期の女の子には“怖い存在”かもしれないけど、これって、「ニキビ」ですよね?
    他にも、身近な何かを模写したような姿の面白いネーミングのモンスターたちがいろいろ登場します。
    特に最後の「オオナマゴミ」はウケました。

    こういう発想ができる越野民雄さんはやっぱりすごいです。
    また、高畠純さんのナンセンスなイラストが、モンスターたちの紹介分にばっちりあっているのも、見ごたえがあります!!

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高畠さん

    高畠さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公がにかっと笑う顔がとてもチャーミングで良かったです。主人公の使うベットの足もユニークでセンスがあると思いました。楽しいネーミングの登場人物も魅力的でした。この絵本を読む事で笑いのセンスの感度が高くなるのが良かったです。さす高畠さんの作品だと感心しました。

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの紹介

    変わったおばけの名前で読むのに難しいです。名前の由来、おばけの特徴がわかります。おばけ好きな子には、おもしろいと思います。でも一人ひとりの紹介なので、ちょっと物足りないかな?ッって感覚はあります。それにしてもいっぱいいるんだなあ・・・・って感心しました。
    おばけの存在は、絵本だけにしてほしいです。絵本だけで楽しみたいです。絵に、ユーモアがあっておもしろいです。

    掲載日:2008/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • オバケ好きなお子さんにオススメ

    「ぼくいぬ」と同じコンビの作品です。「ぼくいぬ」よりは、子ども受けがよかったです。ただ「復讐って何?」と意味がわからない言葉が何箇所かあり、説明が必要だと思いました。

    高畠純の楽しげなモンスターの絵にはまったらしい息子は、「ぼくいぬ」より笑っている回数が多かったです。息子に一番受けたのは「コモリモドキ」というモンスターでした。オバケ好きなお子さんにオススメします。

    掲載日:2007/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全然怖くないんだけど、実はすごく怖い?!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    細々とですが、我が家のパパによるお話し会も健在です。
    久々に読んでくれたのは、この絵本です。(パパはどうやら高畠さんのファンらしい。)

    変わったネーミングの、個性豊かなモンスターたちが次々に登場します。
    がらこさんもおっしゃってるように、ことばは少し大きい子向けですが、絵は見てるだけで楽しく、小さい子でもOKです。
    モンスターといっても、全然こわくないのばかりなのですが、ひとつだけものすごくこわいのがいましたよ。それは、コモリモドキというやつ。眠らない子や泣いてばかりいる子のそばにいって、優しい言葉や音楽で眠らせて、さらってしまうんだって。顔も性格もすごく優しそうなそのモンスター、なんだか現代社会にもいそうですよね?!

    掲載日:2004/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早かったかな?

    • がらこさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子4歳

    「モンスター」という言葉に引かれ読んでみたのですが、4歳の息子にはちょっとまだわかりにくかったかな?と思いました。
    大人には面白い一冊でしたが・・・。
    言葉の意味が分からないと言葉遊びを楽しむことは難しいですものね。
    でも、絵はおもしろく、訳が分からなくっても見て楽しむ事は出来たようです。

    掲載日:2003/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット