きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。

漱石先生の事件簿 猫の巻」 みんなの声

漱石先生の事件簿 猫の巻 出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年
ISBN:9784652086056
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,363
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まずは『吾輩は猫である』を読んでから

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    感想を書こうと思って、一番驚いたのは、出版社からのこの本の対象年齢が、小学校高学年から中学生になっていたこと!!
    決して難しくはない話でしたが、まずは漱石の『吾輩は猫である』を読んでいないと、面白さは半減してしまうし、明治時代の漱石のい日常のあれやこれやって、小学生にはここに書かれている情報だけだと、想像しにくいんじゃないでしょうか?

    かくゆう私自身、かなり昔に『吾輩は…』を読んだきりで、(後書きにも書いてあるけど)ほとんど記憶に残っていなかったので、もうひとつこんな話だったっけ?と、物語のテンポにおっつけないところがありました。
    ただ、上の子は学校で漱石をやってから、『吾輩は…』を読んでいたとのことで、面白かった。特に「ねこ」が2本足で踊る話はウケた。といっていました。

    読んだ感触だと、中学生・高校生にお薦めしたいです。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット