だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

アルケミスト(3) 呪術師ペレネル」 みんなの声

アルケミスト(3) 呪術師ペレネル 作:マイケル・スコット
訳:橋本恵
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:2009年
ISBN:9784652079607
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ギルガメッシュ王まで登場しました!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    シリーズ名をなんて書いてよいやら、毎回悩みますが、日本の書店では第1巻の名前を使って『アルケミストシリーズ』と、銘打っているよう(な気がします)です。

    このシリーズも三巻目に入り、今まで謎だった部分が見えてきました。
    一番驚いたのは、ニコルが主人公の双子たちに合わせようとしたのが世界最古の物語に登場する『ギルガメッシュ王』出会ったこと。
    もしも、この物語が映画化とかされたら、
    ギルガメッシュ王をやりたい有名俳優陣がいっぱいいるんじゃないかなぁと、想像してしまうくらい、個性的で、ある意味魅力的なキャラクターでした。
    私は個人的にマイケル・スコットさんが描いたこのギルガメッシュ王が好きだ〜!!

    もちろん、この本は上の子の朝読用に用意したもので、上の子は私より先にさっさと読んで、「早く続きが読みたい」といっていました。
    うちの子はもっぱら、かっこいい「スカアハ」と「ジャンヌ・ダルク」のファンなので、古代世界に飛ばされてしまった2人の行く末が気がかりのようです。

    ファンタジーもの、歴史ものに興味のある中高生くらいの子どもたちに特にお薦めするシリーズです。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット