十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いちばん たいせつな ともだち 〜ひなぎくちゃんと くうの ものがたり」 みんなの声

いちばん たいせつな ともだち 〜ひなぎくちゃんと くうの ものがたり 作・絵:ドーン・アパリー
訳:垣内 磯子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784577025314
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,627
みんなの声 総数 14
「いちばん たいせつな ともだち 〜ひなぎくちゃんと くうの ものがたり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お友達

    表紙のほのぼのとする可愛い絵に惹かれて選びました。うさぎのひなぎくちゃんは、名前通りに可愛いなあって思いました。くうの冬眠中に、あえなくて泣いているひなぎくちゃんは、優しいし可愛いです!孫たちにも二人のようなお友達が出来たらいいなあって思いました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちいちばん!!

    ともだちっていいなって思わせてくれる本です。
    途中,ちょっぴりおわかれするシーンがあって
    さみしくなってしまうのですが,
    再会した時の喜びがたまらないんです。
    ともだちの大切さ,そして人を愛することの
    大切さがとてもよくわかる本です。
    背景の絵もとってもとってもきれいで,
    季節を楽しめる1冊でもあります!!

    ぜひぜひ絶対読んでください♪

    掲載日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情物語

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    とっても可愛らしい絵に惹かれたのか、娘が自分で選んできました。
    ひなぎくちゃんというウサギと、くうというクマの友情物語。
    二人はとっても仲良しで、何をするにも一緒でしたが、クマのくうは冬になれば冬眠しなければなりません。
    春が来れば会えると分かっていても、お別れするのはやっぱり辛い。
    くうが目覚めるのを待つひなぎくちゃんの様子は、こちらも切なくなるほどです。
    そして待ちに待った春。二人の再会に娘はにっこりでした。
    会えなくても一番大切な友達。
    娘もいつの日か、そんな風に思えるお友達と出会えたらいいな。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達って素敵!

    ウサギのひなぎくちゃんとくまのくうの物語。
    年齢を重ねるごとに、少しずついろいろなお友達の輪ができてきますよね。
    そして少しずつ仲良しなお友達ができて、
    何をするにも一緒っていう時期がきますね。
    絵本の2匹もそんなお友達。

    とっても仲良しで、2人の心の声が、
    ああやっぱお友達っていいなあ!!
    と思えるようです。
    6歳の息子もそう思ったようで、
    また明日もみんなと一緒に遊ぼう!
    と読後にいっておりました。

    掲載日:2008/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 再開の喜び

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    うさぎのひなぎくちゃんと、くまのくうの優しい友情の物語です
    この二匹は、お互いの痛みをわかってあげられるところに感心します
    きっと親子も、お互いの気持ちになってあげれば、いい関係がずっと続くんでしょうね・・・
    冬眠の間会えないことが、どんなに寂しいことか、子供には理解できるのかなぁと思いましたが、絵本でひなぎくちゃんが泣いている姿を見て、伝わったかな・・・?
    月を見ながら好きな人のことを考えると心が明るくなるって、素敵なことですよね!

    掲載日:2008/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼントにもぴったり

    大切な友達の、ひなぎくちゃんとくうのお話。

    なんともかわいらしくて、友達へのプレゼントにも
    いいなぁと思いながら、子どもたちに読んでいました。

    冬眠してしまうくうとの、少しのお別れ。

    本当に切なくなるほど、ひなぎくちゃんの気持ちが伝わってきました。
    まるで恋人のようですね♪

    子どもたちには、かわいらしくて温かいお話。
    大人にとっても愛がたっぷりのお話で、かなりおすすめです。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達の大切さ

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    うさぎとくまの友情物語。絵がかわいらしくあたたかみのある絵本です。2匹はとても仲良しで毎日一緒。でもある日くまが「もうじきいっしょにあそべなくなる」「とうみんしてふゆじゅうねむってすごすからさ」と言います。そして「でもあえなくたって きみはぼくのいちばんたいせつなともだちだよ」って。それから冬になり、くまは冬眠してしまった。うだぎは寂しい毎日を送りました。しかしずっとクマを待っています。春が来てくまがうさぎの元へ・・・2匹が出会うとき、読んでるこっちが嬉しくなります。「あ〜よかった」って一安心。友達のあたたかさ、大切さ、楽しさを親子で改めて感じれる物語です。

    掲載日:2007/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春っていいね。

    • ミニミニさん
    • 20代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    心温まるお話です。

    娘達にもひなぎくちゃんとくうのような大好きな大切な友達が出来たらいいなぁと思いました。

    それと、絵本から優しさや相手を思いやる心を感じ取りそのように育ってくれるかなとも思いました。

    季節感も味わえて、ちょうど春に読んだので春っていいね。ステキだねって話してました。

    掲載日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかとあたたかいお話でした。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    ひなぎくちゃんとくうちゃんのお話。
    保育園を卒園してすぐの我が子には、心にぐっとくるお話だったのではないでしょうか?
    冬眠しちゃうくうちゃん。
    そして、くうちゃんを待ち続けるひなぎくちゃん。
    どちらの気持ちもとってもよくわかります。

    くうちゃんが冬眠しちゃった後は、身じろぎもせずひなぎくちゃんを凝視していた子供たちが、くうちゃんとひなぎくちゃんが再開したときは、とっても嬉しそうでした。

    子供たちも、久しぶりに保育園のお友達に会いたくなったのか、しきりにお話していました。
    大好きなお友達のことを思い出せる1冊だな〜と思いました。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春、別れの時期に。

    うさぎのひなぎくと くまのくうは仲良しで、毎日森で遊んでいました。
    「あえなくたって きみはぼくの いちばん たいせつな ともだちだよ。」
    と言っていたけど、冬がきて、くうが冬眠してしまいました。
    さびしくてたまらないひなぎく。
    でも、くうと過ごした楽しかったことを思い出して、心が明るくなりました。
    やがて春が来て・・・

    カラフルなかわいい絵に、息子も「かわいい。もう一回読むー。」と言っていました。
    春のこの季節に読むのにぴったりです。
    そして、別れの時期にもいいですね。

    息子にも、こんな仲良しの友達ができたらいいなぁと思います。

    掲載日:2007/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット