たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

だんごむしそらをとぶ」 みんなの声

だんごむしそらをとぶ 作:松岡 達英
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784097271079
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,529
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 空へのあこがれを実現

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。最近やっとだんごむしが触れるようになった息子に読んでやると、ヒット!なんども読んでくれとにぎやかに。なかなかマイナーなキャラクターだけに、奇抜なストーリーがヒットしたのでしょう。

    いつも地面をじめじめしているだんごむしは空を飛びたい、という夢があります。それをたんぽぽの綿毛でトライしてみますが、だめ。たまたまクモに食べられたトンボの羽をいただき、ちょっと工作も交えてマイウィングが出来上がります。そしてそれで大空に羽ばたきます。たしかに景色も見えるものも違い、それに伴いみたことのない食べ物に出会い、それらがとてもおいしいことに気がつきますが、と同時に危険も沢山はらんでいることがわかります。危ない目にあいながら、なんとか元の自分のいたところに戻ってきては、やっぱり地面が一番、空だっていいことばかりじゃないんだ、という気づきをするというお話でした。

    工作でマイウィングを作ったところは笑えました。まるで鳥人間のよう。教訓もたっぷりあることから、ただの「隣の芝生は青い」だけで終わらないところがさすがだなと思いましたね。それをだんごむしを主人公にするなんて、おもしろい発想です。まだしばらく、息子の読んでー読んでーが続きそうです。

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 楽しい!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    絵がとってもリアルで上手。思わず見入ってしまいます。そしてストーリーもどツボ!
    空をとびたいだんごむしが、とんぼの羽で空飛ぶマシーンを作っちゃう、非現実的な感じなのに、とんぼの羽だけ残してとんぼを食すクモとか、現実的なところもあって、その塩梅がすごくいい。試し読みで読んですぐ、これ買って!とせがまれました。

    掲載日:2017/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が繊細

    たくさんの虫たちが登場しますが、どれも絵が繊細で図鑑をみているようでした。主人公のダンゴムシは、手先がとっても器用で、空を飛ぶマシンをまさか自分で作ってしまうとは思いもよらず、驚かされました。夢が叶って、ラストは無事に自分の住処に帰れて良かったです^^

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がリアル!

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    空を飛ぶことを夢見ただんごむしのお話。くもからとんぼの羽をわけてもらって、空を冒険します。
    物語自体は特におもしろいということはないのですが、絵に迫力がありました。虫だらけですし、虫好きの子はうれしいと思います。松岡さんの絵ですから、リアルな虫の絵です。

    掲載日:2017/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ていねいな絵がきれいです

    ボタニカルアートのような、精巧な絵に目を見張りました。
    かたつむり、しゃくとりむし、テントウムシ、、、虫たちも、草花も
    とてもきれいに描かれています。
    人類が飛ぶということに憧れたように、
    空を飛ぶことを夢見たダンゴムシくんのおはなし。
    空を飛んだダンゴムシくんは、すばらしい体験もしますが
    ふるさとの地上の生活もやはり捨てがたいようです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストも見応えあります!

    地面ばかりにいるだんごむしが空を飛ぶことに憧れて,何とトンボの羽を工作して飛べるようになるんです!
    そこはちょっとナンセンス絵本の要素を感じますが(笑)。
    たくさんの虫達やしじゅうがらなども描かれていて,イラストもとっても見応えがあります。
    昆虫好きなお子さんにもおすすめではないでしょうか。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険して自分を知る

    空を飛んでみたいダンゴムシが
    空飛ぶマシンをで羽根をつけて
    空を飛ぶ冒険ストーリー。
    なかなか画期的です
    だんごむしがメカニックな工作している風景とか。
    しかし、イラストが洗練されてて絵画のようでもあり
    なんだかあまり違和感は感じないスゴさ。
    最後メカはこわれちゃって地面に戻りましたが
    自分の一番いごこちのよいところが再確認できて
    ダンゴムシくんでした

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視点が変わるんだろうな

    4歳息子と読みました。
    彼は最近、昆虫に興味をもっているので。
    ダンゴムシがトンボの羽とネジ的なマシーンで空を飛ぶというファンタジー&生態系の豆知識。
    ダンゴムシが飛べるようになると、かなり視点が変わるんだろうな。
    身体をきたえるダンゴムシがかわいい。
    息子は楽しそうでした。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体験できてよかった

    全頁試し読みで読みました。だんごむしが、空を飛びたいと思っていたことが実現できてよかったと思いました。タンポポの綿毛で空を飛ぶのを試みたりして、トンボさんの羽に自分で工作して空を飛べるようにしたのでびっくりしました。体験することで、楽しいけれどいかに地面で枯れ葉を食べれる生活がいいかを知ることが出来てよかったと思いました。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険して気付いたこと。

    憧れを追うダンゴムシさんがとても生き生きしていて楽しく読めました。
    憧れているだけでは分からないことに、空の旅を通じて気付くことになったダンゴムシさん。最後のページが素敵だなーと感じました。
    息子は、虫好きではないのですが、綺麗な絵をじっと見ていました。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『てるちゃんと ようかいさんの おはなし』もへろんさんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット