だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぼくはアフリカにすむキリンといいます」 みんなの声

ぼくはアフリカにすむキリンといいます 作:岩佐 めぐみ
絵:高畠 純
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784035010401
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「ぼくはアフリカにすむキリンといいます」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友情

    ペリカンとアザラシという郵便配達屋さんを介して、キリンとペンギンが文通をします。写真のない手紙で相手を想像しながら、友情をはぐくんでいき、ペンギンを予想してそれに仮装するキリン。全く似ていないけど、その気持ちを喜ぶペンギン。

    アフリカと、南極?での遠い友情がとてもあたたかく、いやされました。

    とても良い本だと思います。文章が長いので自力で読むなら小学校中学年くらいのほうが良いかもしれません。うちは7歳ですが親が読みました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • キリンとペンギンの文通

    キリンが誰かに手紙を書こうとしてペリカンに配達を頼みます。

    届いたのはペンギン。

    その返事をみてペンギンを空想して仮装までしていくキリンが面白い。

    しかも、水玉か、シマウマのような模様か、とか考えて、、、。

    でも最後は友情を交えて、ハグして、心温まるお話でした。

    そして、今度はクジラ先生が誰かと文通です!子供は笑いながら話を聞いていました。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想いをめぐらす

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    アフリカにすむキリン君が、退屈しのぎに手紙を出すことを思いつきます。
    相手は郵便屋さんのペリカン君が地平線のはしで最初に会った動物です。。
    その相手であすペンギン君との奇妙な文通が、読んでいるこちらをくすっとさせます。
    テレビも写真もネットもないですから、手紙でしか相手を想像できないのですからね。

    キリンとペンギンの違いについて、動物好きの子なら深く考えるかもしれません。お手紙好きな子なら、誰かに手紙を書いてみたくなるかもしれない。
    お互いを思うわくわくした気持ちっていいなあと、読んでいてほのぼのしました。

    次男が自分で借りてきた作品ですが
    シリーズがあるようなので、次男に教えてあげようと思います。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズです。

    このシリーズをきっかけに、1年生の息子は自分で児童書を読むようになりました。それまでは1人で読むのは絵本ばかり、児童書は私が読み聞かせしていました。とても読みやすく分かり易いです。

    退屈なキリンが、地平線の向こうにいる見知らぬ誰かに手紙を出します。お互いに相手の姿を知らぬキリンとペンギンの手紙のやり取りが楽しい。また、ペンギンとクジラ先生、キリンとペリカンのやり取りも面白いです。
    一生懸命想像してキリンが真似をしたペンギンの姿に子ども達は大うけでした。

    このシリーズは全4作、お友達って良いな、と思えるのが第1作目のこの作品です。お勧めします。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 疑似ペンギンになろうとするキリンに笑い。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    小学校低学年くらいの子が気軽に読める字が大きく、イラストがたくさんついている児童書です。
    少し昔のいい方をすると「幼年童話」というジャンルの作品だと思います。

    この話は愉快で個性的な動物たちが織りなすシリーズの1冊です。

    今回は「地平線の向こう」に住む見知らぬともだちへ手紙を書くキリンと、その手紙を受け取ったペンギンとの遠距離友情の物語。
    まだ見ぬペンギンをいろいろ想像して、疑似ペンギンになってみようとするキリンに笑いました。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず笑ってしまう

    • チーボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、女の子5歳

     毎日を退屈に暮らす一頭のキリンが同じく退屈しているペリカン配達屋さんに一通の手紙を託します。宛先は、地平線で会った最初の動物へ。
     ペリカンはアザラシ配達員に最初に出会い手紙を渡します。その手紙は、クジラ岬に住むペンギンの元へ届けられます。
    そしてキリンとペンギンの文通が始まります。
     お互いまだ見ぬ相手を想像しながらの手紙のやり取りや手紙の内容が楽しく、面白いです。
     ページ数、文字数も多く、絵が少ないですがページが進むうちにのめり込んでしまいます。

    掲載日:2003/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / あらしのよるに / ぼくのかえりみち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット