十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

こひつじ とことこ」 みんなの声

こひつじ とことこ 作:松野 正子
絵:猫野 ぺすか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「こひつじ とことこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 温かくなります。

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    毛刈りがイヤで牧場を逃げ出したこひつじのとことこ。
    途中で落雷に合い、足を怪我してしまうのですが、一人の男の子が懸命に看病してくれたお陰で元気を取り戻します。
    怪我が治ったとことこを元の牧場に戻す時、涙涙のお別れになるのかな・・・と想像しながら読んでいたのですが、ハズレました。
    男の子もとことこもにこにこ顔です。

    こういった心温まるお話は、安心して子供達に読み聞かせができます。
    そして、猫野べすかさんの版画絵も、温かさをより一層際立たせているように感じられます。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男の子の優しさに触れて

    他の羊が毛刈りされているのを見て、嫌になって一人牧場を飛び出した子ひつじ。
    丘をいくつも超えるうちに、足をくじいてしまい、ある男の子に助けられます。

    初めはあんなに嫌がっていた毛刈りだけど、男の子の優しさに触れ、子ひつじの気持ちもだんだん変わっていきます。
    男の子の優しさが子ひつじにも伝わったんでしょうね。
    あの男の子のためだったら・・・。子ひつじに現れた温かい気持ち。
    誰かのために何かしたい、という気持ち、大切ですね。
    版画の絵も柔らかい画風で、温かい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛刈りは嫌だよね

    羊の毛刈りをしたことがあります。
    獣医である夫はおてのもので、きれいにすばやく刈り上げていきますが
    やったことがない私は、おっかなびっくり。全然綺麗に刈れません。
    羊の肌を切ったらかわいそうだなあ嫌だなあ・・と、ほんの少しやった
    だけですぐやめてしまいました。羊もじたばたするから怖いし。
    そう。刈られる羊だって嫌ですよね。逃げ出してしまうこひつじの
    気持ち、よくわかります。にげてにげて・・けがもして。
    どうなっちゃうのかなあと心配でしたが、親切な男の子と出逢えて
    よかったね。
    男の子も、こひつじの毛から作られた素敵な靴下とセーターをもらえて
    うれしいね。
    我が家で刈ってきた羊の毛。まだ、ほんのちょっとしか紡いでいない
    ので、靴下にもセーターにもなりません。。

    猫野さんの版画が「毛を刈る」という手仕事の雰囲気とよく似合って
    いていいなと思いました。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暖かい

    とことこが足の骨を折って、男の子とリハビリに励む姿に孫とだぶらせ

    て「頑張れ!」って、応援したくなります。

    男の子の手厚い看護のお陰で、すっかり元気を取り戻したとことこと

    お母さんひつじの再会がやっぱり嬉しくなりました。

    毛がりを嫌がって逃げ出したとことこですが、おとこのこの靴下やセー

    ターになるならいいなって思っていたのが、念願が叶ったのが一番嬉し

    く思いました。暖かい靴下とセーターを着た男の子ととことこの触れ合

    いがとても温かかったです。版画の絵もとても多色刷りが綺麗です。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羊の側から見た・・・

     物語のはじまりは、ひつじの側から見た「ペレのあたらしいふく」を連想させるものでしたが、こひつじと男の子の関係がより綿密に描かれていて、途中、ハラハラ、ドキドキのドラマもあり、最後は、心温まるエンディングに、ほろっ。

     猫野ぺすかさんの版画も、物語にマッチしていて、とっても素敵です。色使いが美しく、特に、夕焼けに染まる空の色や、秋の野原の色は、心を和ませてくれるものがあります。そして、何と言っても、こひつじの表情がたまらなく愛らしい! それに、男の子の優しいまなざしも。

     お話も絵も共に大好き!と思える作品に出会えてしあわせです。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさ

    牧場から逃げ出した子羊のお話です。

    怪我をしてしまった子羊の為に、毎日一生懸命世話をしてあげる男の子の優しさふれて、嫌がっていた毛刈りもやろうという気持ちにさせたのは素晴らしいなぁと思いました。

    人の優しさと、子羊の優しさが詰まった心温まる絵本でした。
    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット