十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ジグソーパズルのくに」 みんなの声

ジグソーパズルのくに 作・絵:深見 春夫
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784569780436
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,330
みんなの声 総数 12
「ジグソーパズルのくに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんな世界があったら

    深見さんの世界は、いつも奇想天外ですが、今回はジグソーパズルの国でした。
    表紙を見た瞬間に、「あ、これがいい。今日はこれを読んで。」と選び出してきた息子。
    パズルのピースを探して、ジグソーパズルの国に迷い込んだユータ君。すべてのものがジグソーパズルになっていて、しかも、それが迷路みたいになっていて、それをどんどんたどっていく楽しさがあります。
    ジグソーパズルになった僕が、パズルらしく、いろんな場面にぴったりはまりこんでるのが、なかなかおもしろかったです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 全部ジグソーパズル!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ジグソーパズルのピースをさがしていたユータくん。
    ジグソーパズルのくにに迷い込んでしまい…!
    ユータくんまでジグソーパズル化してしまうなんてね。
    こんな風に全部ジグソーパズルの世界だなんておもしろいですね。

    掲載日:2016/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • パズルの国

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳、

    ジグソーパズルの国ってすごい!
    あれもこれもパズルになっていて、パズル好きの息子は「すごい!」と喜んでいました。
    後一つで完成するパズルの最後のピースを探しに、ジグソーパズルの国をあっちこっち冒険する様子が面白いです。
    迷路のページでは指でたどって楽しむ子供たちでした。
    最後のピースはどこにあるのか。
    パズルって最後のピースをはめ込む瞬間がたまらないんですよねー!
    見つかってよかったです^^

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • パズルやりたくなっちゃった

    『ジグソーパズルのくに』だから当たり前なのかもしれませんが
    絵がパズル柄?で新鮮でした。
    私はジグソーパズルが好きなので、読んでいると、絵本を読むよりも
    パズルをやりたくなってしまいました。
    娘も結構パズル好きですが、「パズルやりたい」とも言わなかったし
    やりはじめたりもしてなかったなあ。なんでかな?
    パズルのことよりユータくんの鼻と眉毛がつながっているお顔が
    珍しく、とても気になったようで。
    「くもさんもおんなじ顔してるよー。飛行機さんもー」と、そんな
    ことばかり言っていました(笑)。
    この絵本と全く同じ仕様のパズル本が出たら、やってみたいって
    子ども多そうな気がするなあ。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • パズルや迷路好きのお子さんに特にお勧め♪

    • よしの770さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳、女の子1歳

    ユータくんが、パズルの1ピースを探して、パズルの国に迷い込み、
    自分もパズルのピースになり、、、と奇想天外な展開に子どもは
    引き込まれること間違いなし!だと思います。

    迷路が大好きな息子は、指でユータくんを追いながら、とても楽しんで
    いたようです。

    パズルや迷路が大好きなお子さんには、特にお勧めしたいです。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • パズルになっちゃう

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ユータくんが遊んでたゴリラのパズルの鼻が
    1ピース行方不明で探しにいきます
    ユータくんもジグソーパスルになってしまいますが
    ぐんぐん進んでいきます
    バスに乗り 飛行機に釣り上げられ
    かみなりさんに会い
    迷路を楽しみます
    息子は迷路がとても好きだったので何度も何度もページをめくって
    楽しみました

    ゴリラの鼻もみつかり家にも帰れて
    もとの体にももどり、ハッピーエンドの楽しい大冒険です

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • パズル好きだった娘

    末娘がパズルが大好きで、じいじ、ばあばと毎日のように遊んでいました。なんだかパズルを見るともうお嫁に行ってしまいましたが、末娘を思い出してしまいます。ピースを1ヶでもなくすと完成できないので
    大切にすることが出来ます。
    まだ孫にはパズルで遊ぶには無理ですが、簡単な大きなパズルから入門するのもいいかなあって思いました。パズルの国って面白かったです。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぱぐるよっ!

    娘は、パズルが大好きです。
    なので、表紙を見た途端、
    「ぱぐるよっ!!」(←娘は、パズルのことをぱぐると言ってます)
    と好反応☆

    そして、中身も期待を裏切りません!深見作品は、やぱオモシロイ♪
    ユータ君は、足りない最後のピースを探しに「パズルの国」へ
    迷い込みます。
    パズルの国では、ユータ君もパズルのピースになってしまいました。
    これが、なかなか便利☆
    なんせパズルだから、形さえ合えば、頭の上に象だって飛行機だって
    乗せることができます☆
    その他も趣向を凝らしていて、冒険気分をたっぷり☆味わえます。
    ユータ君のピースを持ち出した犯人も必見です!!

    掲載日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探検ココロをくすぐられます。

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    こんな細かなジグソーパズルにはまだ挑戦したことないけれど、何十ピースかのパズルは時々今も飽きずにじっーと集中しながらする6歳の息子。きっと好きなのだと思って、この本を図書館で借りてみた。案の定、主人公ユータ君が残りのあと一つのピースを探す、パズルの国への冒険旅行にあっという間に引き込まれたようだった。迷路で楽しめる頁もあり、最後まで存分に楽しめたようだった。パズルの国へ入ったユータ君の顔や体までもパズルのピースで出来てしまうところがいいね、なんて言っていた。寝る前に読むと遊んでしまうかも知れないので、まったりしたい午後にお勧めの1冊。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがジグソーパズルの世界だな〜

     ジグソーパズルのピースをなくしてしまったユータくん。
     部屋の中を捜していると、おもちゃ箱の赤にもありません。
     クローゼットの中も捜そうと、扉を開けたら、ジグソーパズルの道がありました。
     楽しいジグソーパズルの国でした。
     バスの上に乗っかったユータくんの上にゾウがというところで、さすがジグソーパズルの世界だな〜って、思いました。
     雷様が、ゴリラの鼻のピースの代わりに、おへそのピースを薦めるぺーじで笑いました。
     ユニークな迷路あり、遊園地のジェットコースターありの楽しい捜索の旅でした。
     ラストの、ページが可愛らしいシーンでした。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット