だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ここにも、こけが…」 みんなの声

ここにも、こけが… 作:越智 典子
写真:伊沢 正名
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784834025569
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,877
みんなの声 総数 5
「ここにも、こけが…」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしき苔の世界。

    最近苔が大好きで、道端の苔をいつも観察している息子と読みました。
    冒頭、苔のある街中の風景の写真があります。
    なんと1枚の写真の中に7種類の苔。
    よく見ると色が違う。
    深緑だったり黄緑だったり。
    もっとよく見ると形が違う。
    丸っこかったりギザギザしていたり。
    あれっという間に苔の世界に引き込まれます。

    印象的なのは、
    朔という部分から胞子を飛ばす子孫の残し方。
    朔がはじけるとき、茶色い煙が立つのだそう。
    ぜひ見てみたかったのだけど、その写真はない。
    これは絶対見たかった。なんとも残念。

    写真は、伊沢正名さん。
    野グソの達人として名をはせたお方です。
    菌類の写真を撮るのが本職だったのですね。
    (野グソも本職かもしれません)
    息子に、「野グソの伊沢さんの写真だって」と教えたら、
    喜んでいました。
    なんのことやらというお方は、
    「うんこはごちそう」という本をご覧ください。

    掲載日:2016/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 髪の毛一本から新しい個体が育つ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    福音館の「たくさんのふしぎ傑作集」で、写真絵本です。
    苔もこうやって見るとかわいいなと、思いました。
    1つ1つの写真で見る苔たちが、小さくても輝いて見えます。
    この写真を撮った人が菌糸類の写真を取りづつけているためでしょうか?とても愛を感じました。

    苔の説明もわかりやすく、読みやすい文でした。
    これは黙読するより、声に出して読むほうが音になった時、きれいなリズムの言葉だなと思いました。

    なによりびっくりしたのは、苔は人間でいえば髪の毛一本からでも1個体が育っちゃうんですって!!
    苔ってすごい!!
    すごい生態ですよね〜。
    こういう作品に触れて、植物の生態に興味を持ってくれるお子さんが増えるといいなぁと思います。
    読み聞かせにもいいと思いますが、苔の写真を重視している作りなので、文章が読みづらい白抜きの字になっている箇所があります。
    読み聞かせをするときは、いつも以上に事前練習が必要な作品です。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な命

     こけを見かけても、まさに「ここにも、こけがあるな」ぐらいしか思いませんでした。
     湿っぽい緑の塊のイメージがありますが、拡大して見ると、形のおもしろさにびっくりします。こんなにいろいろな種類があるなんて、知りませんでした。
     
     恐竜時代より前から変わらずにいることに、驚きます。きっと、人類よりも生き続けるんだろうなと思います。
     こけが不思議な命に見えてきます。こけの見方が、大きく変わりました。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真絵本に興味を持っているのでこの絵本を選びました。この絵本を読む事でどんどん苔について詳しくなれるのが良いと思いました。身近に沢山の苔が存在することを学びました。一言で苔と言っても実に様々な種類があることを再確認できました。苔のはじける音を聴いてみたいと思いました。どの様に苔が生きているのかを自然に知れるのが良かったです。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の方が勉強になりました。

    息子と歩道を歩いている時に、こけの生えているところを息子が足で蹴っていることがありました。

    アスファルトの隙間などこけはこんなところにもいうところにも生えていますよね。

    その時に「こけってどうやって生えるのかな?」という話をしたので、いつかこけのことがわかる本を読んでみたいと思っていました。

    そんなこともあり読んでいて、改めてこけの生命力の強さに驚きました。

    こけの祖先が地球に現れたのがおよそ4億2千万年前というのもすごいなあと思いました。

    科学絵本ではいつもこんなことを書いている気がしますが、私の方が勉強になりました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット