もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おかっぱちゃんとひみつのともだち」 みんなの声

おかっぱちゃんとひみつのともだち 作:古瀬 絵理
絵:田中 伸介
出版社:文芸社
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784286091792
評価スコア 4
評価ランキング 19,683
みんなの声 総数 7
「おかっぱちゃんとひみつのともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 隅から隅まで楽しい本です^^

    3歳の娘に読み聞かせるにはとても楽しい絵本です

    ハッキリ言ってとってもママの読み聞かせの技術を問われますが(笑)

    楽しいセリフやリズムにあわせて工夫して読むと

    本当に嬉しそうにしていました♪

    どんつくどんつくどんつくちょい♪のとこは我が家オリジナルの
    サウンドとリズムが出来上がりました

    また絵も素晴らしく、隅々まで見て娘は楽しんでいます

    サイズもカバンに忍ばせやすいので、持ち歩いて助かっています

    娘の一番のお気に入りです^^

    ママにとってもなんだか懐かしい気持ちにさせてくれる絵本でした

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひみつの友だちの正体は…

    ひみつの友だちの正体を知ってオドロキでした。
    この発想が子どもらしいです。
    3歳の娘には少し長めで、絵と文のボリュームバランス的に、理解力がまだ追いつかない気がしました。
    絵の表現もちょっとまんが風です。
    4、5歳くらいからお薦めできるよう思います。
    娘は、ひみつの友だちよりも、絵本や積木で散らかった部屋に現れた鬼のような形相のおかあさんが、自分の母親とダブるようで、この本の印象は ひみつの友だちではなく、おかあさんとわたし…なのかなぁ?
    けれど、こどもって、いくらしかっても、やっぱりお母さんを好きでいてくれること、本当にありがたいものです。
    母にとっても気づきのある絵本だと思います。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろかったー

    夫と娘と三人で読みました。
    ごめんなさい、最初ちょっと偏見持っていたのです。
    うーん、あのアナウンサーだった方かあって。
    いや、でも読み始めたらおもしろではないですか!
    おかっぱちゃんがねむりからさめたあたりから
    おもしろくてげらげら笑いながら読んでしまいました。
    どんぐりむしもだけど、おかあさんまでおそろいの
    三角帽子被ってるよー!とか(笑)。どんぐりの中は
    しっかりどんぐり的なお部屋になってるよー!とか(笑)。

    絵本に載っている食べ物はしっかりチェックする私は
    ゆきだるまシチューや、さくらんぼゼリーが気になります。
    シチューはどうやって作るのかな?お肉はハンバーグに
    して形成するのかな?人参の帽子にグリーンピースの目。
    ボタンはコーンかな?

    ・・と考えていたのですが、そうか!ゆきだるまはごはん
    ですね!と気付き、早速作りました。娘喜び完食!
    翌朝も「ゆきだるまシチューがいい」と言うので作って
    あげました(喜)。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気持ちに寄り添ってあげないと

    ひろったどんぐりに対するお母さんの反応は、ちょっと子どもがかわいそうって思いました。
    そりゃ、きもちもしぼんじゃいますね。
    おこってばかりのおかあさんに腹がたった女の子は、「おかあさん、やさしくないからいらなぁい」って…。
    このひと言で、女の子は後から泣くことになりますが、やっぱりお母さんが一番わるい!
    子どもと密に過ごせる時間は意外と短い。
    もっと子どもの気持ちに寄り添ってあげないと…と思いました。

    掲載日:2017/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勢いのある絵、子どもの世界がいいです

    うちも、どんつく どんつく…の箇所を拍子をつけて詠んだらおかしそうに笑ってました。読んでる自分も楽しかったです。
    子どもの世界って、のぞいてみるとこんなに楽しくて、可愛いんですがついつい汚いとかを気にして先に言ってしまうんですよね(^_^;)気をつけなくてはー!

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんを大事にしてね

    虫のついたどんぐりを拾ったおかっぱちゃん。おかっぱちゃんのことを思って叱るママを要らない、といったら、おかっぱちゃんとどんぐりむしが交代しちゃった!!!果たして元に戻れるのか?

    ケンカしても、本当は好きなんだから大事にしようね、という気持ちが入っているような印象でママとしてはおすすめしたい絵本です。子供もどんぐりなども好きだし、喜んでいました。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママとすれちがい

     ストーリーは前にもよんだことのあるような内容でした。
     でも絵が明るくて楽しかったです。元気いっぱいのおかっぱちゃんがほほえましいです。
     おかっぱちゃんがどんぐりを、ぐーっと差し出すしぐさや、ママが虫をいやがるところなど、うちとそっくりで笑ってしまいました。
     おかっぱちゃんの服や家の中が、昭和ぽくてほのぼのしました。

     どこの家にも、ひみつのともだちがいれば、いろいろなことが上手くいくんだろうなと思いますが、現実は大変ですね

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット