ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ひぐれのお客」 みんなの声

ひぐれのお客 作:安房 直子
絵:MICAO
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784834025637
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つい買ってしまいました

    安房直子さんの本は高校生ぐらいの時から買い集めていて、今も持っています。

    絶版本もかなり持っているし、この本に収録されているお話も読んだことがあるのですが、単行本未収録のエッセイがあるということで、ついついつられて買ってしまいました。

    エッセイ「絵本と子どもと私」を読んで、やっぱり買ってよかったなあと思いました。

    このエッセイ、安房さんが息子さんに読み聞かせをしていた時のことが書かれていて、現在子育ての中でどんな風に読み聞かせをしたらいいかと思っておられる親御さんの指針にもなりそうだと思いました。

    エッセイのことばかり書いてしまいましたが、収録されている童話はどれも安房さんらしい珠玉の作品だと思います。

    安房さんファンの私としては一人でも多くの方に、安房さんの作品を読んでいただきたいという思いでレビューを書いています。

    秋には「ひぐれのラッパ」も刊行予定だということで、こちらの方も楽しみにしています。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    2
  •  安房直子さんの「おはなし」が好きです。読んでいると独特の世界に入っていきます。そんなわけで、今回、この本を手にとりました。予想通り、期待通り、この中の6つの短編は、どれもこれも、私をもう一つの世界に連れていってくれました。一番好きなのは、「小さい金の針」。タイトルになっている「ひぐれのお客」もいいです。

     ところで、この本がこんなに素敵な本に仕上がっているのは、何といってもMICAOさんの刺繍による絵の魅力が大きいのではないでしょうか?初めは恥ずかしながら気づきませんでした。文字に夢中になって、さらっとしか見ていなかったものですから・・・。ところが、「あらっ?」「えっ?」なんて素晴らしい布と糸からなる絵なのでしょう!!

     不思議な世界を描く安房さんのおはなしだからといって、あまりに幻想的な絵を持ってくると、きっと手に取りにくい本になると思うのです。そうではなくて、ちょっとコミカルな感じの絵や、布と糸の風合いからくる温かさがなんともいい雰囲気です。

     うれしくてうれしくて、わくわくドキドキしながら読みました。MICAOさんの手仕事は、「小さい金の針」や「ひぐれのお客」の内容とも、なんとなーく、重なりました。

     最後のエッセイも、息子さんと絵本を楽しんでいらっしゃる様子が優しい言葉で語られていて、とても良いです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読後に、う〜ん・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    「てんぐのくれたおめん」から安房作品に入り
    「くまのがっきてん」「おしゃべりなカーテン」と読み進み
    今回のこの本は、刺繍の挿絵も素敵なようなのでリクエストし、読んでみると・・・

    う〜ん

    素敵な世界?いえ、不思議な世界と言えばいいのでしょうか
    読み始めると、そんな世界に引っ張り込まれます

    読後すっきりというより、変に考え込んでしまいます
    小学生が読んだら、どういう風に感じるのかな?

    この感じは、一体・・・
    安房さんの魅力なのでしょうね

    さて、次は何を読みましょうか!?

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 短編集

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    安房直子さんの短編集です。
    6話収録。プラスで書かれているエッセイ「絵本と子どもと私」もお子さんのことがよく語られていてよかったです。
    内容ももちろん挿絵が刺繍なのも面白なーと思いました。
    表題作の「ひぐれのお客」とエッセイが中でも好きかな。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット