すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

「The Boy of the Three−Year Nap」 みんなの声

The Boy of the Three−Year Nap 本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「The Boy of the Three−Year Nap」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アメリカ人が描いた日本の昔話絵本

    邦訳では『さんねんねたろう』。探し訪ねたら絶版とのこと。やむなく原書に挑戦したらけっこうはまってしまった。
    ダイアン・スナイダーが文を書き、アレン・セイが絵を描いているのだが、この絵本でコルデコット賞を受賞したそうである。
    スナイダーについては良く分からないが、セイは日系アメリカ人。日本に生まれ日本で育っているが、日本人のおじいさんがアメリカ渡航したところから日本とアメリカ二つの祖国を持つことになったようである。
    それだからか、セイは日本へのこだわり、日本文化への愛着がとても強い。
    この絵本はそんなところから生まれたようである。

    舞台は岐阜県長良川の辺。
    やもめ暮らしの母親と、怠け者の太郎が住んでいる。
    食っちゃ寝、食っちゃ寝で生活している太郎が、氏神に化けて、米商人の父親にお告げといって太郎と娘を結婚させるようにしむける。
    なまけのもののようで、けっこう知恵が働くのである。
    そして、太郎は幸せに暮らすというお話。

    外国人から見た日本文化的な部分もあるのだが、素晴らしい作品である。
    肝心な日本人にあまり評価されていないようなのが残念である。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆


子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット