だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

まよなかのトイレ」 みんなの声

まよなかのトイレ 作・絵:まるやま あやこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2010年06月
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,153
みんなの声 総数 18
「まよなかのトイレ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「おふろだいすき」「ちょっとだけ」が好きな子に。

    子供の本専門店をブラブラしていた時に見つけました。表紙をパッと見て「林明子さんの作品かな?」と思ったら違いました。でもなんだか惹き付けられて買ってしまいました。

    動物やしゃぼん玉が出てきたり、お母さんが登場するとみんな消えてしまう展開、絵の色味や雰囲気も、林明子さんの「おふろだいすき」に通じるところがあります。でも「おふろだいすき」はずっと明るく楽しいのに対して、「まよなかのトイレ」は主人公の不安な気持ちと、不安に打ち勝って成長する姿が描かれているのが対照的です。

    娘は気に入った様子で、何度もおっかなびっくり読んでいます。トイレやぎが登場すると、「なんで?どこから来るの?」と質問攻めにあいます。娘と読んでいて気がついたのですが、主人公のトイレを手伝ってくれるうさぎやあらいぐまは、実はペーパーホルダーのカバーや、タオルかけについているのを発見。

    怖かった真夜中のトイレも、最後にはちゃんとお母さんが来てくれて、ホッ。
    そういえば、下に赤ちゃんがいるのと、主人公の成長、最後にお母さんの愛情に包まれる点では、瀧村有子さんの「ちょっとだけ」とも共通点があります。

    「おふろだいすき」「ちょっとだけ」が好きな子にはオススメの1冊です。

    掲載日:2012/02/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい〜っ☆(超オススメ)

    夜中にひとりでトイレに行くお話です。
    恐る恐るたどり着くと、トイレに電気がついてて、中から音が・・・。
    お、おばけっ?!
    っていうのが、普通ですが、これはなんとっ「ヤギ」?!
    ヤギがトイレットペーパーをむしゃむしゃ食べてるんです!!
    ヤギですっ。ヤギっっ!!(興奮☆)
    聞くところによると、電気をつけっぱなしだと出てくるとか(笑)。
    そして、絶対見逃して欲しくないのが、
    戸を開けてヤギと遭遇したときのネコのシッポ&ヒゲ!!
    他にもかわいい動物達が、ひろこの挑戦をサポート☆
    すごく、意表をついてて、めっちゃかわいい&面白い作品でした☆

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖かった

    私が小さかった頃のトイレは、家の外にあったので、やっぱり夜中のト

    イレは怖かった思い出があります。ひろこちゃんの怖いのが伝わってき

    ました。でも助っ人が沢山いてよかったです。

    表紙の絵も可愛いですが、どのページの絵もひろこちゃんの仕草がとて

    も可愛かったです。

    おかあさんが、あかちゃんを抱いてトイレまで様子を見にきてくれて、

    ひろこちゃんが寝るまで一緒に傍についてくれたのがとても安らぎまし

    た。とても若いおかあさんなのに子育てをしっかりやっているし、優し

    いおかあさんだなあって感心しました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 福音館書店の こどものともで、
    林明子さんのような優しい雰囲気を
    感じさせてくれる絵本ですね。
    タイトルと 表紙の不安げな女の子の表情から、
    ちょっとこわいところもあるお話かと思いましたが、
    読んでみると お姉ちゃんの冒険を感じさせます。
    下に赤ちゃんがいたら お母さんに甘えられない時ってありますから。
    こんなとき、ぬいぐるみが味方で心強いのでしょう。
    トイレでは 意外な動物が。。
    この動物はどこにいたんでしょう。。
    ひろこちゃんの可愛い頑張った冒険物語ですが
    微笑ましいです。
    最後のページでおかあさんに寝かしつけしてもらう
    場面は とても和む場面です。
    まるやま あやこさんの他の作品も
    読んでみたくなりました。

    掲載日:2016/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジー絵本。

    我が家の娘は,広い家でもないので真夜中だろうが一人でトイレに行くことに何の躊躇もないです。
    でも真夜中のトイレってどこか怖さも不安もあり,幼児期の子供には共感できる部分に多い絵本に思いました。
    そして,絵本の醍醐味ともいえるファンタジー絵本。
    ちょっとわくわくもしてしまいます。
    こんなことあったら!と,そんなふうに楽しくもなる絵本でもありました。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • トイレ行けるかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    真夜中のトイレに行く女の子のお話。
    ねこのぬいぐるみが動いたり、トイレにやぎがいたり、ファンタジーな内容だなと思いました。
    こどもはタオルかけやトイレットペーパーホルダーカバーの動物たちに気付いて喜んでいました。
    最後のおかあさんのやさしさもよかったです。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子におすすめ

    図書館で表紙を見た瞬間に、林明子さんの絵本かなと思って借りてきました。娘が大好きなので。そうしたら作者さんは違ったのですが、世界観は似ていて、娘も気に入りました。
    まよなかのトイレ、怖いですよね。
    でもこの本の中では次々に頼もしい味方が登場します。あれ?どこから出てきたんだろうと思って探してみるとなるほど!確かに最初からいましたね!という点もおもしろいところ。
    素敵な絵本です。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなトイレがあったらいいのにね

    • 寅子さん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子3歳

    夜のトイレってこどもは怖いものですよね。
    私自身子供のころはトイレが怖くて、夜はお母さんをたたき起していったものです。

    この本はそんな子供の怖がる感じや、そこから頑張って成長するというのがよく描かれていました。

    夜中にトイレに行きたくて目が覚めるけど、お母さんは赤ちゃんの面倒を見ていてお父さんは出張中…

    そんななか頑張ってぬいぐるみのねこちゃんの助けを借り、暗い廊下を抜けてトイレに向かいます。
    トイレにはビックリする動物や助けてくれる動物が出てきて、ぶじトイレを済ますことができます。


    本を読んであげると、むすこは夜は爆睡でトイレに起きることがない子なので、夜にトイレに起きるといことにまず最初驚いてました!
    そして動物が出てくるトイレに目を輝かせて、いいなあいいなあ!こんなトイレ欲しいなあ!と楽しみながら読めました。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • トイレこわくない!

    薄暗いトイレまでの道。
    どきどきしていく様子がよくわかります。
    でも人形に助けられて一歩ずつ進んでいきます。
    うさぎさんやアライグマが隠れていて
    それが変化?したんだなって気づきました。
    あったかいお話です。

    最後のママが寝かしつけている場面でほっとしますね。

    掲載日:2011/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜中のトイレが楽しくなるね

    題名を見るとなんだかとっても怖そうな気がしますし、表紙の女の子の不安も感じられて、なんだかドキドキしながらページをめくっていったのですが・・

    夜中のトイレが楽しくなるようなそんな楽しいストーリー。
    トイレやぎさんが登場するまでは、息子も息をひそめて聞き入っていたのです。おばけでも出てくるのかも・・そんな気がしますよね。
    でも出てきたのはトイレヤギ。ほっとしたのか、そこからは笑みがこぼれてきました。
    あらいぐまもうさぎも本当にかわいいキャラクターです。

    もし本当にこんなかわいいキャラたちと会えるなら夜中のトイレも楽しくなりそうですね!

    最後の結末が、お母さんが寝るまでトントンと優しく見守ってくれているところが、心温まるストーリーでした。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット