庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

星の子」 みんなの声

星の子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1981年05月
ISBN:9784593501465
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
「星の子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1900年のイギリス詩人のお話

    1981年に発行された絵本です。アイルランドのダブリンに生まれたオスカー・ワイルド童話集  「幸福な王子」は子供たちに読まれたと 後書きにありました。

    まずしい木こりが 星の子供を見つけますが・・・・
    自分たちの子供を育てるだけで精一杯で人の子を育てる余裕はないと一人の男は言うのですが もう一人の男は 連れて帰り育てると言います。
    しかし星の子は わがまま ある日 こじきの格好のお母さんが尋ねてきますが、きたないから 出て行ってと言います。この災いが星の子を みにくいがまのような 姿にするのですが・・・・・

    彼は 母親に ひどいことを行ったと 反省するのです

    戯曲のようです

    絵は、暗い雰囲気ですが、細かく描かれていますね。

     中世の家来のような姿   貧しい母の姿 らい病の姿が描かれたり

     しかし  お話を読んでいるうちに 母に対する 反省が こんな風に結末が展開するのかと思いました。

     童話を読んでいるようでした。

    魔術師が出てきたり しかし時代背景が 描かれていて
     
    最後は平和な国が やってくるのですが・・・・

    当時の 風景も時々描かれ  星の子の意味わかりました。
    少し難しいかもしれませんが 高学年なら 分かると思います
    日本の歴史と違いもよく分かります(服装など らい病に対する絵本はなかなかないと思いました)

     作者の言いたいことは 分かりますよ

    掲載日:2010/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット