貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

親子で楽しむ あやとりずかん」 みんなの声

親子で楽しむ あやとりずかん 作:有木昭久
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784052032646
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,256
みんなの声 総数 3
「親子で楽しむ あやとりずかん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とってもわかりやすい!

    最近あやとりにはまりはじめた長男のために。
    「お母さん、○○つくって!」とよく言われるのですが、
    昔はできたものも、すっかりやり方を忘れていることが多く・・・。

    他のあやとりの本も読んでみましたが、
    絵で説明してあるものに比べて、
    この本はひとつひとつの行程がカラー写真で
    わかりやすく説明してあるので、
    字があまりよめない子供でも、大丈夫!
    けっこうむずかしいものもあり、親も四苦八苦しながらやってます。
    子供って、一度覚えると、後はもう見なくてもできちゃうんですね。
    私は何回やっても、本を見ながらじゃないとできないのに・・・。

    この本で覚えたあやとりを、保育園のともだちにおしえてあげるんだ!
    とはりきっている息子です。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 種類が豊富

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    あやとりにハマっている、幼稚園児に購入しました。
    子どもの大好きな2人あやとり、手品の他、一人あやとりもかなり豊富で、簡単なのから難し目なのまで次はどれをやろうかな…とワクワクしながら眺めています。
    大人が見ても、ここどうなってるんだろう?と迷うものもありますが、基本的には分かりやすい。
    たくさん紹介されていて、知らないものもたくさんあるので、新しいものに親子で挑戦しています。

    掲載日:2017/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 解説が丁寧

    図書館であれこれ見比べてこれが1番わかりやすいと感じました。
    出来そうなものから息子とチャレンジしています。
    指ぬきなどのマジックも豊富で、息子は3種類覚えました。また、餅つきという2人での遊びもとても楽しかったようで何度も何度もやっています。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット