もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

オヤジの海」 みんなの声

オヤジの海 作・絵:さくらせかい
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784426806071
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,603
みんなの声 総数 29
「オヤジの海」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • さくらいさんの作品だったのでこの絵本を選びました。さくらいさんの魅力を感じる表現の仕方が満載で嬉しくなりました。特に失敗したときの主人公の気持ちの描写が気に入りました。諦めない主人公の姿勢に感動しました。大きな波の迫力満点で心に残りました。継続する事の大切さを学べる絵本でした。

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • ユーモア絵本です

     「オヤジの海」というタイトルがおもしろいです。こんな歌がありましたよね。子どもは、オヤジのねじりはちまきに笑っていました。大きくて、何度も励ましてくれる、海のようなオヤジって理想ですね。
     
     立体感のある絵がすてきです。見返しの、夜の海の景色がいいなと思いました。
     コエタロウのヘアスタイル、タコをかぶっていたのがおかしかったです。ユーモア絵本のジャンルにもはいるくらい楽しいお話でした。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 海がオヤジ!!

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    タイトルと表紙から、
    お父さんが波乗りしていた海に挑むのかな?
    と思って読んでみたら、
    まさか波が「オヤジ」だとは!!

    しかも色んなタイプのオヤジがいて、
    思わず笑ってしまいました。


    素晴らしい一瞬のために、
    何度も何度も失敗しても、何度も何度も挑み続ける。
    何度も何度も頑張るから、その瞬間がやってくる。

    一見地味な地道な努力の大切さを、ユーモアを交えて伝える、
    素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 息子へ贈る

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     いつの時代もオヤジは頑固なんだぞ。
    それを憎ったーらしく描いたさくらせかい画伯はエライ!
    乗れるものなら乗ってみやがれ!
    超えられるものなら超えてみやがれ!
    どーだ?憎ったらCCCだろぅ?
     息子は否が応でもオヤジになる。
    世の中の四角四面を打ち破り、是が非でも前へ進まなきゃならん。
    海や波はなくなったりはしない、頼もしいぞ、
    人間のオヤジはいつかは消えちまうんだからな。
     
     息子がいれば、きっと贈るだろう。
    定石をバイアスに切るエンディングがステキだ。
    感謝だぜ!

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像できませんでした

    • みくみく さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳、男の子3歳

    海にいどむチビッ子サーファーと
    親父のような波でした(*0*)

    大きな波に挑むこえたろう
    誰のためでも無く

    タコと共に挑む海

    かっこいい挑戦をしているはずなのに
    なぜか笑えてしまい

    途中で もうやめたいと正直な気持ちが
    かわいいです

    大きな おやじ波からは
    海の香りと昭和の親父達を感じたのは
    私だけでしょうか(^^)

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な世界観

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    この画材は何でしょ?
    と、気になって手に取りました

    残念ながら、挑戦したことがないのですが
    サーフィンは憧れの部分あり

    『カラダが宙に浮いて自然とひとつになれて
    とても気持ちのいい瞬間』

    『この瞬間 この瞬間
    気持ちのいい この瞬間』

    この感覚は、サーフィンだけでなく
    他のスポーツでも
    音楽でも、読書でも
    何かの活動を通してありますよね?

    最初は意地悪なオヤジの波ばっかりだけど
    おちょこでお酒飲んでいたり・・・
    最後には、穏やかで
    「強くなったなぁ」と認め
    「また遊びにきなよ」とのメッセージ

    素敵です!

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • レジャーを通して自然を感じる

    作者はサーファーなんでしょうか?
    きっと波乗りの楽しさをよく知っているんでしょうね。
    私はサーフィンをしたことないので分かりませんが
    波に乗れたらカラダが宙に浮いて自然とひとつになれて
    とても気持ちのいい瞬間というのを一度
    味わってみたいなぁという気持ちになりました。
    サーフィンではないけれど、
    パラグライダーを体験した時
    『カラダが宙に浮いて自然とひとつになれて
    とても気持ちのいい瞬間』でした。
    レジャーを通して自然を感じられるのはいい体験ですね。

    波をオヤジに例えるのもおもしろいです。
    最初は演歌のタイトルかと思いましたけどね^^;

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 諦めないこと

    海や波そのものがオヤジになっている絵。
    表情もたっぷりで、とても楽しく読むことができます。
    うまく出来ずに投げ出したくなることも、何度でもチャレンジしてみること。諦めなければ、楽しいことが待っていて、強くなれる!ということを教えてくれる絵本です。
    シンプルな内容で、読みやすい絵本だと思います。
    波乗りがモチーフなので、夏には特におすすめ。
    夏休みに入る前とか、いいかもです。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 頑張れ!

    物事に対して諦めずに立ち向かっていくという事を描いてるんですが、可愛らしいイラストとさっぱりとした文章で書かれているのでサラッと読めました。
    何を「オヤジ」に見立てているのも面白かったです☆

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ストーリーがシンプルで何度読んでも飽きません。
    同作者の「医者がよい」も読みましたが、シンプルだが伝わるものが深いです。
    何といってもイラストのすばらしさがビジュアルに伝わります。
    様々なおやじ波の表現など読者の想像も広げてくれます。
    また、何気なく見落としてしまいますが、コエタロウの衣装など作者のセンスのよさが感じられます。
    小さな子どもにも読んでもらいたいですが、大人も十分に楽しめる内容のよさがあります。
    ぜひおすすめです。

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    1

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット