だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ホイップベアーのふゆじたく」 みんなの声

ホイップベアーのふゆじたく 作・絵:ロコ・まえだ
出版社:柳原出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年12月
ISBN:9784840965040
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「ホイップベアーのふゆじたく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズ

    シリーズ作品、しかも最終巻をいきなり読んでしまったようです。
    なので、親子離ればなれになっていた事実には、本当に驚きました。
    再会できて、心から安心ですね。
    うちの子は、お家の見取り図が気に入っていました。
    かわいらしいインテリアでしたね。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柳原出版

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    ホイップベアー第4作目の完結編です。

    とうとう、ひなげし村にも冬がやってきました。
    冬の生活が描かれています。目新しい表現はありませんが、人々の暮らしを感じられます。

    ホイップは、昔ながらのストーブの用意で、木をのこぎりで切ったり薪を割ったりして、子どもはストーブって木を使うの?と言っていました。今どきは、コンセントを挿してスイッチオンで簡単に付くストーブしか知らない子どもには、新鮮だったようです。昔の暮らしの勉強にもなりました。

    見開きのそりを引いたホイップの笑顔が印象的です♪

    1作目からこの作品まで是非全部親子で読んでもらえたらと思います。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット