もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

やさいのちいさなようせいたち」 みんなの声

やさいのちいさなようせいたち 作:早坂 優子
絵:佐藤 直行
出版社:視覚デザイン研究所
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784881082096
評価スコア 4
評価ランキング 18,960
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • へぇ〜

    このお話にはいろいろな野菜に住んでいる妖精たちが紹介されていました。うちの子はそれをじっくり覚えていたので、明日野菜を見たらこのお話のお話をすると思います。それぞれ野菜の特徴をとらえた妖精が住んでいたので、読んでいてとっても面白かったです。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ピーマンのお風呂に入る子だぁれ?

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    やさいの形にあったようせいたちが一ページごとに物語をつづります。特に気に入ったのがピーマンのようせいが気持ちよさそう。ピーマンを半分に切って、空洞部分をお風呂にするなんて、こどもが夢の中で想像するみたいで気持ちいい。もし世界中のこどもがピーマンのお風呂にはいるぐらい小さくなって、この絵本を読んだら、半分ぐらいの子供がピーマンをお風呂にするかもしれませんね。後の物語もやさいの特性をいかした話ばかりです。もし本屋か図書館で見つかったなら子どもさんに読んであげてください。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 妖精いっぱい

    なかなか面白い妖精達で、私はトウモロコシ、息子はかぼちゃの妖精が、お気に入りです。
    ちょっとページ数は多めで延々妖精の紹介が続きますが、色んな妖精に出会えてとても面白かったです。
    息子も中だるみせず、聞いていられてました。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい妖精

     ようせいのお話らしく、とてもかわいい絵本です。
     やさいたちには、それぞれ妖精がすんでいます。みんないきいきしていて、楽しそう。きれいでリアルな絵をみていると、大人でも妖精を信じてしまいそうです。キャベツやトウモロコシの皮は、そっとめくってみましょう。
     野菜がにがてな小さな子でも、食べてみたくなるかもしれないなと思います。
     
     文章のレイアウトもおしゃれで、すみずみまで楽しめました。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット