ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

魔女のこねこゴブリーノ」 みんなの声

魔女のこねこゴブリーノ 作:アーシュラ・ウィリアムズ
絵:平出 衛
訳:中川 千尋
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784834009996
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素直でやさしいねこ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    魔女ねことして産まれたゴブリーノの夢は台所ねこになること。
    魔女ねこであっても素直でやさしいねこで転々と飼い主、住処が変わっていくゴブリーノを見て早くいい飼い主、お家が見つかるといいのにと思いながら読みました。
    とてもいいねこなのに魔女ねことばれて、居られなくなることが続き、かわいそうでした。それでも誰も恨まないのがゴブリーノ。本当にいい子だなと思います。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴブリーノっておもしろいね

    「読んであげるなら5、6さいから」とありますが、比較的長いお話です。

    一章ごとに読めますので、長い児童書の読み聞かせができるお子さんなら聞けると思います。

    息子に読み聞かせしてみると「ゴブリーノっておもしろいね」と言っていました。

    ちょうど「ピノッキオのぼうけん」を読み聞かせした後で、昔話のテイストを持ちながら生々流転している展開に通じるものを感じたのかもしれないと思います。

    ゴブリーノ、魔女のこねことして生まれながら台所ねこになりたいと思い、おまけにくろねこではなくて右の前足に白く、目が緑色ではなくて青色ということで、魔女のねことして認められず置き去りになります。

    何も悪いことをしたわけではなく、善良で素直なのに理不尽なこと続きなのはとても気の毒な感じがしました。

    でも、ゴブリーノ、前向きというのか暗くなったりするところがなくて読んでいて応援したくなるようなキャラクターです。

    早く良い家が見つかるといいのにと願いながら読みました。

    挿絵の感じが全く違うので最初気がつかなかったのですが、「しあわせいっぱい荘にやってきたワニ」と同じ作者だと気付いた時には一人で興奮してしまいました。

    読後感がいいので読み聞かせにも向くと思います。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット