おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

たまごやきくん」 みんなの声

たまごやきくん 作:村上 康成
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784097273370
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,840
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 卵焼き

    お弁当の超超定番おかずの「たまごやき」が、この絵本の主人公です。
    絵本の中では砂糖と塩の味付け・・・このあたりは、きっと、それぞれの家庭の味があるでしょうね。
    くるっと丸まった一口サイズは、絵本のキャラクターとしてもかわいいですね。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっしょに!

    たまご大好きな私は、表紙を見るだけで、ゴクリと唾をのみ込みます。これはゼッタイ、甘い たまご焼きだ!
    しかも、可愛い♪

    たまご大好きな娘は、「ちょっとまって!音は、わたしがいう」と、自ら擬音担当に。

    ぱかっ
    かちゃかちゃ
    じゅわぁ〜っ

    あぁっ!たまご焼き食べたい…
    ゴクっ!お弁当も食べたい…

    おかながぐーっとなる一冊です☆

    掲載日:2014/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふわふわたまごやき

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    おにぎりくん、からあげくんと3冊同時に借りて読みました。
    たまごやきができる過程の絶妙なたまご具合が上手に描かれています。
    仕上がりのたまごやきがふわふわで美味しそう。
    3冊ともお話の流れは同じですがピクニックの行先は違いますよ。
    仲良しで美味しそうなお弁当仲間のあたたかい1冊です。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘くておいしそう

    たまごやきにおさとうがはいっているところが

    おいしそうに感じるたまごやきでした。

    たまごやきの絵に顔がかかれています。

    それもシンプルな顔なので、かわいいです。

    ほかにもおにぎりくんやからあげくんといった

    お話もシリーズもありますが、

    どの絵本にもそれぞれのキャラクターが

    登場するので、リンクしていて楽しいです。

    ならべて、同じ絵になっている部分をみて

    喜んでました。

    そういう楽しみ方もいいですね。

    掲載日:2012/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 念願かなって

    前からこのシリーズは読んでみたいと思っていたのですがなかなか見つからず・・・・。今回やっとこの一冊を見つけれました!!子供も私もとっても嬉しかったです。たまご巻のできていく様が描かれていたので子供も料理に興味を持ってくれますよ。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの感が良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    村上康成さんの「いただきまーす!」シリーズの一冊。
    どうしても比較してしまうのが、とよたかずひこさんの「おいしいともだち」シリーズなのですが、もっとシンプルな構成になっています。

    たまごを割って、お砂糖と塩をふりかけて、かき混ぜて、フライパンに落として、くるんくるんしたら出来上がりという、たまごやきの作り方のストーリーなのですが、そのリズム感がとても心地よいもの。
    読み手も、実に気持ち良く読み聞かせ出来ることでしょう。

    その出来上がったたまごやきくんのキャラは、イチオシ。
    また、そのエンディングも、「いただきまーす」シリーズの他の面々が登場してピクニックに行くというものですから、たまらない展開に違いありません。

    村上康成さんのほのぼの感を、存分に堪能できる作品として、オススメします。
    文章が少ないので、2歳前後位から読み聞かせが出来る絵本で、食育にも役立つことでしょう。
    シリーズの他の作品も、読んでみたくなりました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上手につくれるかな

    この絵本を読み終わって、まず何をしたくなった
    かというと・・・・・、
    そうです、そのとおり!!たまごやきをつくりたく
    なりましたー!!
    おいしそうなたまごやきくんが登場するのももちろん
    なのですが、たまごやきくんがつくられるまでが、
    しっかりと描かれているので、小さいお子様にも
    わかるお料理本になってます(笑)♪
    楽しいシリーズです☆

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぼえました!

    たまごやきくん、娘覚えました。

    読めるようになったんです。
    びっくり!そして可愛い♪もう親バカです!


    今はシリーズの2冊も読めるように頑張っています。
    (おにぎりくん&からあげくん)

    掲載日:2010/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好き卵焼き

    同じシリーズの「おにぎりくん」と「からあげくん」が大好きな娘に「たまごやき」もあると知って読んでみました。やはり食べ物の本が大好きな娘にはピッタリの本でした。卵を割るところや目玉焼きを焼くところ、すべての工程が娘には面白かったようで、実際にいろいろ手で真似てやってました。こうやってお料理にも少しずつ興味を持ってくれると嬉しいです。

    掲載日:2010/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごやきのつくられかた

    2歳11ヶ月の息子に読んでやりました。タマゴを割られて玉子焼きを作られ、おにぎりやから揚げと一緒にお弁当で食べられるというお話です。

    息子はタマゴを割ることができるようになって、この本がとても身近に感じられるみたいです。タマゴが割られる様子、混ぜられていく様子など、自分が目の前で見ているそのものが絵本になっているのです。一緒に割って、混ぜている気分です。

    もちろん、たまご焼が好きだったり、たまごのことを教えたいというお子さんに読んであげるのもいいですが、料理に興味があったり、タマゴが割れるようになって読んであげるのもまた一味違うみたいです。息子が本当に楽しそう!

    そういう意味では、結構幅広い年齢のお子さんに読んで上げられる本ではないでしょうか。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット