おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

こちら たこたびょういん」 みんなの声

こちら たこたびょういん 作・絵:岩田 明子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784569780627
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「こちら たこたびょういん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ウツボがこわいですよ。

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    娘は医療ネタの絵本が大好きです。
    この本も娘が書店で発見しました。

    たこさんがあわてんぼうのお医者さん、
    いかさんがしっかりものの看護師さん。
    海の生き物たちが次々と助けを求めて訪ねてきます。
    お医者さんと看護師さんが力を合わせて患者の治療をする。
    この展開は他の絵本でもありました。

    しかしここからの展開は違います。
    たこの先生は実はママなんです。
    息子のこたろうがいなくなって・・・こわーいウツボたちに言葉巧みに誘われます。

    娘たちは「ひとりで行ったらだめね。」と
    確認しあっていました。
    何となく続編が出そうな気がします。

    表紙を開けると簡単なスゴロクもついてて
    二度おいしい絵本です。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい病院

    このお話は、タコのたこたさんとイカのいかこさんが切り盛りする病院のお話でした。二匹の息の合った処置が見ていてとってもかわいらしいお話でした。うちの子もこんな病院だったら毎日でも行きたくなると言っていました。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドタバタ診療日記

    最初絵本の紹介欄を見た時、主人公のたこさんの名前が「たこ たこたこ」さんなのか「たこたこ たこ」さんなのか迷ってしまいましたが、読んでみて納得。なるほど「たこた こたこ」さんだったんですねー(笑)

    ちょっとおっちょこちょいな先生たこた こたこさんと、しっかり者の看護師するめ いかこさんの診療日記とでもいうところでしょうか。
    海の中は毎日にぎやか。
    たこた病院を訪れる患者さん達もユニークな顔ぶれで、ケガの内容と治療方法もとても楽しかったです。
    いつもはどこか抜けているこたこさんも、息子のこたろうのピンチにはなかなかやるもんですね。
    母は強し。
    続編を期待したい一冊です。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が細かくて綺麗

    たこたさんの病院にはいろんな患者さんがきます。看護婦さんのいかこさんとたこたさんの奮闘のお話。

    色がカラフルでとても綺麗です。絵も細部までとても細かに描かれていて、娘は1ページ1ページ時間をかけてじっくり読んでいました。
    最後のうつぼさんのページは小さい子には少し怖いかもしれませんね。
    幼稚園児くらいなら、ちょっとドキドキの冒険も楽しめるんじゃないでしょうか。

    見開きにすごろくもついています。絵本だけじゃなくて、プラスαの楽しみもあるのがいいですね。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • アナログな感じが楽しい♪

    なんとも、のんびりムードのお医者さん。お休みは「ときどき」、開院時間は「まちまち」(笑)。治療もなんともアナログ。そのアナログ感がなんとも楽しいです!!
    たこた先生のこどものこたろうくんが、居なくなってしまうところは、ドキドキですが、読み手のこども達にもちょっとした教訓になります。
    なにより、絵がカラフルで可愛いです。細かいところまで、楽しめます☆

    掲載日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にいい教訓を教えられます

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。たこがお医者さんの病院でおきるちょっとしたハプニングをストーリーにしていますが、実はこのお医者さん、ママで自分の子供がうつぼに言葉巧みに食べられてしまうところを阻止するのです。子供はうつぼにだまされて食べられてしまいそうになるのですが、そういう言葉にだまされてはいけないよ、知らない人についていってはいけないよという教訓を教える絵本なのです。息子もそこはきちんと幼稚園でも説明を受けていたみたいで、いけないんだよねと念を押していました。そういう教訓を教えたり、印象付けることができる絵本なので、たまにはこういう本もいいと思います。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    楽しい表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。お父さんが子供もお父さんの仕事している様子を一緒に病院に行って見学できるのがよいと思いました。看護婦さんがとてもしっかりしているので先生も安心して仕事できるので恵まれていると思いました。海ならではの病気なのがユニークだと思いました。続編を読みたくなる絵本でした。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット