おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

さんぽさんぽ」 みんなの声

さんぽさんぽ 作:梅田 俊作 梅田 佳子
絵:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:文研出版
本体価格:\1,068+税
発行日:1989年05月
ISBN:9784580810730
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
「さんぽさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 等身大のお父さん

    休みの日にはゴロゴロしてテレビばかり見ているお父さん。それでもお母さんに立ててもらえるお父さん。
    こういうお父さん像を見ると正直私はほっとします。
    そんなお父さんが息子にせがまれて、臨月のお母さんを置いてさんぽにでかけます。
    僕の期待したさんぽではなくお父さんは好き勝手、恥ずかしい思いをしたりするのですが、物わかりのいいお父さんよりよっぽど人間味を感じる私です。
    さて、そんなお父さんがさんぽの途中でけがをしているおじいさんに出会って、大奮闘。
    僕はそれを見てお父さんを見直すのですが、この展開もうれしい。
    臨月のお母さんを待たせてしまっているお父さんが少々気がかりなのですが…。
    読んでいて自分が妙に満足した本でした。

    この作品を書いた梅田夫妻。
    梅田さん夫婦が書いた作品、親子で書いた作品を見ると、こんな家庭でありたいと思ったりもしてしまいました。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット