庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

もりもり小学校 まじょのカレーパーティー」 みんなの声

もりもり小学校 まじょのカレーパーティー 作・絵:薫 くみこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784591077412
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズ第一話

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    シリーズ第一話なので内容のほとんどは寂れたもりもり小学校の校長先生とお料理が大好きな魔女たちの出会いでした。
    これからどんな楽しいお話やおいしそうな食べ物が出てくるのだろうとかなりワクワクしています♪
    学校で寝泊まりする魔女たちの様子や給食室でお料理をする様子。
    レストランではなく学校という場なのがおもしろさの秘訣ですね^^
    早くもこのシリーズの虜になった子供たちでした。
    カレーライスもとってもおいしそう!
    実際に再現できる材料でのレシピがあるのでマネをして子供たちと一緒に作りたいなと思いました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 給食のおばさんが魔女って!?すごい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この作品は、別の小学校でボランティアをしているお母さんに教えてもらいました。小学校の子どもたちにかなり人気ということで、図書館で探してきました。
    うちの5年生に読ませたら、「すごっく面白かった!」そうです。
    学校ネタで、しかも、子どもたちの大好きな給食を「魔女」が作るって、お話ですから、面白くないわけありませんよね〜。

    この小学校の一番いいところは、何より、学校を代表する校長先生が「子どもたちが大好き」ということです。おまけに、勉強よりも、子どもたちが楽しく遊ぶことに重点を終えているんです。
    こんな素敵な(ちょっと頼りなさげですが)校長先生に、ひょんなことからお料理の大好きな3人の魔女が知り合って…。

    薫さんのリズムのあるはずむ文章で、楽しく読めました。
    中表紙には、作品中に登場する「まじょまじょカレー」の作り方まで書いてあります。
    また、一番最後のページには、校長先生へのインタビューも後書き代わりに載っています。
    うちの子は、このインタビューのページが一番ウケていました。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット